老後の生活を楽しむためには自分の地図が必要だ!

何人の60歳以上のシニアが老後の生活を事前に描いてその描いた地図に沿った生活を送ろうとしているのだろうか。感覚的だが、多くのシニアは自分の老後に何が起きるかを知らないでいる。今の状態が80歳、90歳、100歳まで続くと思っている。

今、60歳ならば、70歳から80歳の間に思いも寄らない出来事が、突然、降り掛かってくる。老化現象は、意識しない内に体を蝕んで行く。1年が過ぎる毎に今まで経験したことがない病気にかかる。それが老人特有の病気である場合が多い。事前にそんな病気にかかるなんて誰も教えてくれないからだ。

老後の生活は、老化から来る健康障害と見えてこない生き甲斐の迷いにある。

何歳の時に何をしたいかの夢を描く!

60歳代ならば、10年毎に自分の老後生活の夢を描く。例えば、70歳まで第二のキャリアを身に付けるとか。自分でお金を稼げるスキルと経験を得るための時間にするとか。70歳までは、体はまだ働けるだけの力が残っている。定期的な筋力トレーニング運動をしていれば、80歳までその体力を伸ばせる。

お金稼ぎには、基礎体力が必要だ。第二のキャリアを身に付けるためには、アクティブに活動するための体が必要だ。70歳までに自分でお金を稼げる力を確立できれば、70歳以降は経済面での問題をある程度解決してくれる。お金の心配が少なくなれば、自分が描いた次の夢を実現するために動き出せる。

70歳代から80歳までは、健康寿命を延ばす生活習慣を身につける。自由に動ける脚力と食欲があれば、歳を気にせずに夫婦で旅行を楽しめる。多くのシニアは、足の力が衰えて自分で動けなくなる。外出も少なくなり、自宅にこもり始める人が多くなる。

本来ならば、美味しい郷土料理を旅先で味わいながらゆっくりと温泉に入って良い気分を楽しめるのだが。足の衰えがそれを出来なくする。

60歳代のシニアは、足の衰えを感じないし、意識もしていない。知らないうちに足の筋力が衰えていっているのに気がついていないのだ。気がつく年齢が、70歳代から80歳代だ。それまでの間に意識して足の筋力を維持する筋肉トレーニングをする必要がある。運動を定期的にしていないシニアは、三日坊主になりやすい

足の運動能力は生きる上で必須だ!その事を真剣に考えていないシニアが多い。足の障害を感じ始める前に意識して足を鍛える定期的な運動をすることなのだが、人間は駄目なもので足に障害が起きて初めて必死になる。足の筋力不足で歩くことが不自由になると根気強く足のリハビリに通うことになる。苦痛と面白くない時間が過ぎる人生になる

老後の生活を楽しむためには、自分の体が丈夫で健康でなければならない。私の知人は、近くの農家から野菜作りの土地を借りて農業をやり始めた。農業は、体を必然的に使う。肥満気味で医者から減量しろと注意されていた矢先に農業をはじめて標準値に近い体重まで減量できたという。

彼にとって嬉しいことは、減量だけでなく自分が苦労して作った新鮮な野菜を食べられるということだ。自分の力で食べるものを作れるという新しい体験だ。50歳代後半に肥満で健康障害を起こしてから仕事の内容を変えて農業に時間を割けるようにしていたようだ。老後の生活の基盤に農業を彼は選んだ。農業では収益を得られないが、健康と新鮮な食物を手に入れた。

彼にとっての生き甲斐は、今や野菜作りだ。多く作り過ぎたら収穫祭を開いて友人、知人、親戚を招待する。それが楽しみになっているという。

彼を見ながら自分の老後の生活を夢見ている。