70歳から80歳までの10年間をどう生きるか?

多くの自営業者が70歳を境にして仕事を辞めると聞く。体力の衰えなのか、もっと自由な生活をするための最後の時間を確保するためか、理由は色々あると思う。自営業者は、会社員と違って休暇らしい休暇を取ることが出来ない。店舗を構えた自営業者は、何十年も長期休暇などを持つことが出来ない。

会社員は定年退職後に海外旅行や長旅をする人が多い。自営業者はそれをするためにビジネスを閉めるしかない。自営業者が70歳を節目に引退を考えるのは理解できる。ゆっくりと孫と戯れるにしても自由になる自分の時間が必要になる。

70歳からの10年間をどう生きるかで人生最後のわがままが出来るかどうかが決まる。

70歳と80歳では健康と体力で差が生まれるので元気な時にやりたい事をやる!

健康寿命が70歳代であると聞く。詳しく言えば、男性70.42歳、女性73.62歳である。70歳を境に体の調子がおかしくなる高齢者が多くなるということだ。その意味合いでは、80歳まで仕事ができる高齢者が自然と少なくなる。体の調子がおかしくなる前にやりたかった事をやってみたいという自営業者が多いのでは。

人生でやり残しがないようにしたい70歳代のシニアは、やりたい事のために仕事を辞めるのは意味がある。一番つまらない辞め方は、周りが70歳で引退していくから私も辞めようというシニアだ。他人と同じことをする思考から自分自身の判断で決断する思考に老後の視点を変えるべきではないか。他人は他人の人生がある。自分には自分独自の世界の人生があると。

健康と体力

70歳と80歳の高齢者では、確実に体力面で違いがある。歩き方を見てみればそれが直ぐに分かる。健康と体力がまだ残っている70歳代にやりたいことをやる。これが後で後悔しない老後の人生になる。80歳の声を聞くシニアは自分の健康と体力に自身を持てなくなる。外出するのが面倒でリスクを感じ始める。事前にトイレの場所を見つけておく必要がある。

足腰の筋肉が衰えて歩いている時につまずくことが多くなる。つまずいて転んだ経験があるシニアが多い。打ち所が悪いと骨折をして介護ベッドでの生活になる。一度介護ベッド生活になると筋力が急激に衰えて自立歩行が出来なくなる。食欲もなくなり食べる量も減る。体は枯れていく。

体力の衰えは日常生活面でマイナスに働く。70歳代と80歳代ではこれが顕著に出てくる。60歳代に筋トレをして筋肉貯金をしていれば、70歳代と80歳代で筋肉の衰えで困ることはなくなる。定期的な運動習慣が健康な体を維持する。老後の健康と体力はお互いに密接な関係になる。

60歳からは5年毎にライフスタイルを見直す

70歳からの10年間を好きな事をやって暮らすという言葉は耳に聞こえが良い。好きな事を10年以上やり続けるものがあればそれはそれで幸せだろう。多くの人は、1年ぐらいでやりたい事をやってしまう。残りの9年間は、目的がない無駄な時間を過ごしがちになる。

私はいつも感じていることがある。自分の体は5年毎に変化して行く感じがすることである。それで5年周期に自分のライフスタイルの見直しが必要だと思っている。

60歳から65歳・・・年金受給までにお金を稼げるだけ稼ぎ、65歳からの生活をより豊かにする

65歳から70歳・・・パートやアルバイトをしながら70歳以降もできる仕事の仕組みや趣味を作る

70歳から75歳・・・仕事や趣味以外の場所に自分の居場所を作る

75歳から80歳・・・いつ死んでも良い生活を始める(自分を喜ばせるライフスタイルを追求する)

筋トレの重要性

80歳を越えても元気に動き回っている老人は、体を60歳代から鍛え続けている。80歳になっても自分の体を自由自在に動かせる体にするには、体の筋肉を鍛え続けるしかない。毎日体を動かし続けていれば、体はその生活に順応する。意識して毎日筋肉を鍛え、使う生活であれば、筋肉は衰えていかない。

80歳代の老人は、足が不自由になる。足の筋肉が急激に衰えて行く。運動し続けている80歳代の老人と普通の生活をしてた80歳代の老人では、動き方が違う。行動範囲が違う。機敏性も違う。食欲も違う。結論として、体力の差が歴然と表に出てくる年齢が80歳代である

筋トレは70歳代、80歳代でも始められる。今から始めても決して遅くはない。気を付けることは自分の体力にあった筋トレメニューを専門のスポーツジムトレーナーに作ってもらうことである。正しいやり方をトレーナーから学び、それを自分で習慣化する。

自分の足で動ける年齢と体

70歳からの10年間は、自分の足で行きたい所に行って食べたい物を食べて人生に悔いのない生活が出来る時間ではないか。やり残しがない人生を送りたいと思う老人は多いはず。何をやり残したかをリストしておけば、そのリストを一つづつこなして行けば良い。全部終わる前に命の時間が来てしまうかもしれないがそれは運命。

重要なことは自分ひとりで動き回れる体である。老化は知らない内に進んでいる。足の筋肉の衰えが典型的な老化現象になる。自分で動くことが出来なくなると家族や第三者の支援が必要になる。動く自由が制約される生活はつまらない。

結論

命はいつ終わりが来るか分からない。やりたい事を後に残して置かない。健康であれば、多くの事がやれる。医療で命を延ばすことに注力するよりも「今という時間」を満足に過ごす事に時間と労力を費やしたほうが良い。

体が問題なく動かせることが出来れば、自分でできることが増えてくる。老人は体の衰えでやれることがだんだんとやれなくなる運命。病気になり介護を受け始める前までに楽しめることを沢山楽しむべきだ。70歳からの10年間が最後のチャンスである。