没イチ老人の生活を想像できない!

配偶者を亡くした人没イチ)は65歳以上だけで860万人以上いる。これから”没イチ”の老人がもっと増えてくる。一人で老後を過ごす運命は、誰にでもやってくる。夫婦で生活をしている限り、孤独を感じないが没イチは違う。

最愛の伴侶を亡くすと突然孤独が襲ってくる。毎日が孤独との戦いだ。仕事をすることもなく、時間を余している生活は、辛い。突然の没イチ生活で戸惑う老人は多い。

子供夫婦の家族として生活を始めても孤立する。孤独と孤立は、強いつながりがある。自分が一人であることを没イチになって実感する人が多いはずだ。

没イチ同士が集まるコミュニティーが有ってもおかしくない!

人恋しくなるのは、私だけではないだろう。私は没イチではないが、10年、20年先は没イチになる可能性がある。没イチになる前に他界するかもしれないが。いづれは一人で老後生活を送ることになるのは確かだ。

仮定として、もし、私が没イチになったら、どうするか。

ソーシャルアパートメントという宿がある。アパートなのだが、住民と気楽に交流が出来る「ラウンジという場」があり、住民に開放されている。一人の老人が色々な年代の住民と交流したいならば、ソーシャルアパートメントが良い。

私は、若い人たちと一緒に生活が出来れば世の中の動きを彼らから直接聞けるようになると思っている。社会とのつながりを若い人たちとの触れ合いから作り出したい。賃貸のアパートであるから、マンションのように高くはない。5万円から12万円ぐらいの幅がある。詳しくは、こちらの物件案内を見てほしい

積極的に外に出て行って新しい世界を味わおうとしている没イチ老人ならば、ソーシャルアパートの生活が面白い。おススメだ。私ならば、直ぐに試してみる。

大阪に没イチの老人たちとの交流を促すNPO団体がある。遺族支え愛ネットというNPO法人である。このNPO団体は、没イチになった人たち同士をつなげる。大阪中心に活動をしているので他県の会員は顔を合わす事が出来ない不便さがある。だが、没イチの人たちの情報が得られる。

没イチになって外出する時間が少なくなるのは、男性だ。没イチ男性は、孤立しやすい。何もしないで自宅にいるのは不健全であると私は感じる。今からでも良いので自宅を出て外で活動する趣味、クラブ、NPO、ビジネス、ボランティアを見つけて基盤を作る準備をすべきだ。

社会とのつながりを没イチになった時にどう作るかで孤立と孤独に悩まされなくなる。