シニアの恋愛:60歳から80歳のデートで健康促進

ときめき続けるシニアたち―――70代からの愛と恋」というYahooニュース記事を読んでいた。私たちの知らない世界でシニアたちは、シニア同士のテートを楽しんでいる。そのための出会いの機会を婚活サービスが提供し、それを利用して一緒に楽しく時間を過ごすシニアたちが増えている。

配偶者を失ったシニア同士がその寂しさと孤独から逃げるために新たな関係を出会いから築こうとしている。平均寿命が80歳を越している今、元気な高齢者が増えている。シニアの青春というものがあっても不思議ではない。

私の周りには、まだ、シニア同士がデートをして余生を楽しんでいる知人や友人はいない。まだ、伴侶が生きているからだ。60歳代の夫婦は、親の介護に追われている。まだ若い。

シニアの青春は、没イチになった時に始まる。

シニア世代が恋愛に夢中!

シニアの恋愛は、若い人たちと違って性的な肉体の欲求で始まらない。お互い大人だし、肉体は枯れて醜くなっているからだ。肉体への欲求ではなく、精神的な心地良さや共通の価値観にある。頭だけで相手を判断するのではなくフィーリングと会話で一緒に楽しい時間を過ごせるかどうかを判断している

婚活と言っても再婚するのが目的ではない。寂しさを恋愛で楽しさに変えるためだ!

シニア専門の婚活サービスを探して第三者による紹介で自分に合った相手を探す人が多い。婚活サービスは、お互いに求めているものがはっきりしているから安心して恋愛が出来る。シニアの婚活サービス=出会いサービスという位置づけで利用する高齢者が多い。

シニア専門の婚活サービスを活用しないで自力で探せるシニアならば、自助努力次第だ。積極的に没イチシニアたちが参加する活動に参加してナンパするしかない。それが出来る高齢者ならば、そのナンパ自体を楽しめるだろう。色々な魅力的な没イチ男性や女性と話が出来る。

出会いを学校で求めるやり方もある。立教セカンドステージ大学という50歳以上の人が対象の大学がある。大学でこれからの人生について学び直し、一緒に入学したシニアたちと交流を深める。交流を深めながら新しい出会いを見つける。ちょっと遠回りなやり方だが、同じニーズで入学したシニアたちだから相通じるものがあると思う。

もっと普通に出会いを楽しみたいというシニアならば、シニアおひとりさま旅行」をクラブツーリストが提供している。年代別の一人ツアーを探せばよい。tour for senior

旅行を楽しみながら新しい出会いを探す事が出来る。ただし、積極的に話しかける努力が要求される。日本人は、受け身が多い。出会いは話しかけないと始まらない。それが出来ないシニアは、旅行だけを楽しむ事になる。

一緒にいる事が楽しくなるような恋愛が生まれれば、心の中から新しいエネルギーが生まれてくる。明日を生きる力みたいなものだ。1週間に一度デートをしているシニアカップルがいる。再婚を望んでいるのではなく、一緒に時間を過ごす楽しさを求めてデートを重ねているという。

没イチで生きる気力がなくなった時、シニアの恋愛を目標にしてはどうだろうか。