カフェに居る老人たちは何をしているのか?

カフェで仕事を朝から夕方までしているとカフェに出入りする人たちの動きを垣間見ることができる。午前9時前までは、出勤前に一服する会社員が多い。9時から11時までは、リモートワーカーや私のようなノマド、学生、引退した高齢者が多い。

11時から13時までは、会社員が戻ってくる。OLはカフェでコーヒーを飲みながらランチをしている。良くあれだけの食事でお腹が持つなあと私は見ているのだが、そんな若い女性が多い。カフェに立ち寄ってコーヒーだけをテイクアウトする会社員もいる。

この時間帯になると高齢者たちは、ランチに出かけるためにカフェをあとにする。そして、また、戻ってくる。

午後よりも午前中にカフェに来る老人が多い!

カフェでシニアが多いのは、コーヒー1杯の価格が安いドトール、シャノアール、マクドナルド、スターバックスなどだ。これには個人差がある。安い珈琲店は、朝シニアで混み合う。それを嫌がる老人は、あえて高級なカフェに行く。珈琲館、ルノアール、コメダ、個人経営の喫茶店などだ。

午後のカフェはどこに行っても混み合う。その上、お喋りをする人達が多いのでやかましい。それを嫌がる老人たちは、もっと静かな場所を探す。

公園や図書館だ。午後の公園は、子どもたちが学校から帰ってくる前まで人影が少ない。図書館は、いつも静かだ。混んでいなければ、ゆっくりと新聞や本が読める。または、お昼寝ができる。

カフェに居る老人は、必ずと言って良いほど書籍や新聞を持ち込んでいる。パソコンができる人は、パソコンを持ち込んで何やらやっている。でも、本を読んでいる人が多い。

私のようにインターネットビジネスをする仕事場として使っているシニアはいない。静かに本を読んでいる。時々、友達との待合と近況報告の場所としても使われている。 奥さんに自宅を追い出された老人たちは、午前中カフェで一時を過ごす場合が多い。

スターバックスは、私のような仕事人間が午前中多い。スターバックスに来るシニアは、タバコを吸わない人、米国風の店内を好む人、女子大生アルバイト店員が好きな人が多い。スターバックスの良さは、シニアにも若い店員が話しかけてくれることだ。

若い女性との会話ができていないシニア男性にとっては、スターバックスは新鮮な刺激がある。いつも、同年代の老人と話してばかりの生活から離れて別世界に入れる、一瞬だけだが。若い女性との会話を求めているシニアならば、スターバックスがオススメだ。

本を読んでいない老人は、コーヒーを飲みながらボ~としている場合が多い。何もすることがないのでその場をコーヒーと一緒に味わっているだけだ。

文明の利器をいつも使っていない老人は、本と新聞 しか時間を潰す道具がない。