シニアがPCを使う主な用途はスマホで出来るのでこれからはスマホに投資する!

シニアがパソコンを使う用途の殆どは、スマホで出来る時代になった。特別なソフトウエアを使った用途でパソコンを使っていない限りこれからパソコンに投資するのは考え物だ。

シニアがパソコンを使う主な用途:

  1. ホームページ閲覧
  2. メールの送受信
  3. 写真や動画の閲覧と記録

この3つの用途は、スマホで十分満たせる。

シニアがスマホを選ぶときに注意する点

スマホには、Apple製のiPhoneとGoogle系のアンドロイドスマホがある。どちらを選んでも先ほどの3つの用途は満たせる。あとは、好み次第だ。一番良いのは、友人、知人、家族が使っているスマホが良い。分からなくなった時に教えてもらえる。

スマホの価格は、パソコンの価格に近づいて来ている。若者たちは、パソコンを買わないでスマホを先に買っている。会社で働き始めてパソコンを買って使いだす。私たちシニアが若い頃の時代は、パソコン全盛期であったのでパソコンに価値があると思っている。時代は変わった。

これからのシニアは、スマホが使えないと不自由な生活になるだろう。

私を含めスマホが一番活躍する時は、(1)地図機能を使って目的地に行く時だ。現在の位置と目的地に行く道順をGPSを使って画面と声で知らせてくれる。パソコンでも出来るが、持ち歩きながら使えない。(2)いつでも、どこでも、誰とでも通話ができる。(3)ホームページでニュースや情報を調べられる。(4)メールの送受信である。(5)SNSFacebookやLINEアプリなど)である。(6)カメラ機能

 

便利なスマホをこれから購入する人は、こんな事に注意する事!

  • 画面が大きく文字が読みやすいスマホを選ぶ
  • 3万円から5万円台のSIMフリースマホ、または、月々の料金が安いキャリアのスマホを選ぶ
  • 手帳型ケースも一緒に購入して落としても液晶画面を割らないようにする

私は、SIMフリー格安スマホを使っている。今、後悔しているのは、OS(アンドロイド)の更新が継続されないこと。反応速度が遅い。スマホに使い慣れると反応速度が気になる。3万円から5万円台のスマホは、十分な反応速度が出せるCPUが搭載されているので待たされない。

スマホを使ってデジカメ写真を楽しみたいならば、ソニーのエクスペリアスマホがお勧めだ。iPhoneはアップルしかないので選択幅が無い。私も来年あたりにスマホを買い替える予定だ。今のスマホを買ってもうすぐ3年ぐらいになる。アンドロイドOSも古いため機能面で不満がある。

スマホの寿命は、3年ぐらいかもしれない。スマホに搭載されているリチウムイオン電池が劣化して充電しても直ぐに電池切れになるからだ。