横浜駅西口地下道にできたUCC Coffee Stand、蔦屋書店の内!

今日は、横浜駅西口地下道にできたUCC Coffee Standでコーヒーを飲んでいる。レギュラーコーヒー200円。味は、そこそこ良い。UCC Coffee Standの中には、6人が座れる個別席、4人テーブル1つ、2人テーブル4つが置かれている。Wi-Fiサービスは提供されていない。10時15分から始まる映画を見に行くまで時間調整をしている。

UCCは最近UCC Coffee Standを都内で展開し始めている。横浜駅西口地下道にできたUCC Coffee Standは、横浜駅近くの第一号店になる。もうすぐ、9時30分になるがお客の数は、6人ぐらいだ。テイクアウトでコーヒーを買っていく人もまだ少ない。開店してまだ1週間も経過していないためか、知られていない。

私のようなノマドワーカーは、場所を選ばないで仕事をやろうと思えば出来る。UCC Coffee Standでも椅子とテーブルさえあれば、このブログを書くことが出来る。

UCC Coffee Standはコンビニのコーヒーとどこが違うのか?

決定的に違うのは、Coffee専門スタンド店であることだ。テイクアウト専用店ではないのでちゃんとゆっくりとコーヒーを飲める椅子とテーブルが用意されている。メニューは下記の写真を参照。テーブルを使うときの制約条件もある。

ucc menu R2

ucc1 R2

当然、珈琲の味にも拘りがあると感じている。価格がコンビニの100円から200円になっているので価格にあったコーヒー豆を使っている。9時45分現在、Coffee Stand店内にはお客として私を含めて2名しかいない。通勤途中の会社員は、会社に行ってしまった。この時間帯はどのカフェでもお客を捕まえ難い。

9時55分頃には、私も映画館に向かわねばならない。この時間帯は、お客がいないのでゆっくりパソコンを開いてブログが書ける。テーブルの高さと椅子の高さもちょうど良い。スタバとUCC Coffee Stand店を使い分けて仕事場として活用できるかもしれない。スタバは、午前中でも混んでいる場合が多い。そんな時にUCC Coffee Standは使える。

コンビニのコーヒーは、テイクアウト専用だ。価格に拘る人は、コンビニのコーヒーを買うだろう。私のようなノマドワーカーは、テーブルと椅子が必要だ。通常のカフェとは違うが、混んでいない時間帯にここで仕事をしても問題はない感じがする。コンビニでは仕事をする場所がないのでだめだ。

スタバのようなカフェとUCC Coffee Standの違いはどうか。

UCC Coffee Standは、長居ができない。スタバは、非常に混んでいなければ長居をしても問題がない。スタバと違って価格が100円ほど安い。カフェ専門スタンドであるのでコーヒーを売りにしている。スタバは、コーヒーよりもフラッペ類が中心になりつつある。

蔦屋書店の中にあるので書籍を借りて読むことも出来る。その点はスタバと同様な戦略をここで採用している。店員は、1名だけ。コストパフォマンスは良いだろう。

この記事「横浜駅西口地下道にできたUCC Coffee Stand、蔦屋書店の内!」のポイントは、

  • 横浜駅西口地下道にできたUCC Coffee Standはノマドワーカーの私に仕事場のオプションを与えてくれる
  • コンビニとの違いは、座る席とテーブルが用意されている。スタバとの違いは、コーヒー専門であることだ。