シニア夫婦はペット(犬、猫)を飼うべきか?

子供の頃、犬を飼っていた。Kenと言う名前だった。私よりも利口で賢かった。雌犬であったが人間ならば美人であったに違いない。

家内も子供の頃、犬を飼っていた。いたずらしながら一緒に遊んでいたという。

犬は人間の友達になれる!

長男が嫁をもらう事になったが父親としてどう祝福すべきだろうか?

初めての経験になる。長男の結婚は来年だが、これから相手のご両親と食事会をする事になっている。お互いに定年退職する年齢であるので年代の違いは無い。我が子が結婚する年齢になった事は本当にうれしい。

子供は知らないうちに育つ!

定年退職後は夫婦で外食する機会を増やすと幸せになる

子供が大人になり自分たちの人生を歩み出すと家には、私たち夫婦だけになる。家内は、既に地域に根ざした友人、知人の交流ネットワークを築いている。一方、旦那は会社から糸を解き放された凧になっている。住んでいる地域にすぐになじめない旦那たちは、外に居場所を求め始める。

何をするにしても妻を味方にしないと老後の生活は楽しくない!

外食や小旅行に妻を連れ出す!

ネクタイとスーツはシニアの自分を魅力的にする

女性はお化粧をする。お化粧をした女性とすっぴんの女性の落差は激しい。日本人以上に白人女性の変り映えは驚きに値する。全て自分の見映えを良くしたいという欲望である。

男はそのお化粧した女性の見映えで釣られる。 付き合っていく内にその女性の素顔が見えて来る。同時にその内面もだ。

写真の女性の胸はちょっと大きすぎる?

シニアが働く時に困ること

昔の私は美しかった。この写真のように後ろ姿も魅力的であった。おばあさんになった女性はこう思っているはずだ。お爺さんも同様に若い頃の自分は体力があったと。60歳を過ぎて新しい働き場を探そうと動くのだが、どの会社も健康と体力について聞いてくる。

シニアは健康と体力が年齢と共に衰えるという難題を抱える!

身の回りで起きる変化が自分に不都合であっても受け入れる

現実に起きている変化は、必ずしも自分にとって都合の良い物ばかりではない。高齢者としての生活でもビジネスを展開している経営者でも現実に起きている変化には逆らえない!これに逆らうと精神的なストレスが増して体調を崩す。酷いケースでは、鬱病になる。

 人生は、紙飛行機!365日いつも空を飛んでいられる訳がない。時には、地上に着陸して翼を休ませる必要もある。

悪い事も良い事もそのまま受け入れる事から新しい人生が始まる!

自分で稼ぐことが出来るかどうかでシニアの生活は劇的に変わる

一般的に60歳から65歳までは、仕事を探そうと思えば何とか探せる年齢だ。多くは、人がいやがる仕事が多いが。後は、パートか、アルバイトの仕事になる。快適な仕事ではないが、我慢すれば何とか65歳まで雇用される機会が多い。

問題は、 

65歳以降だ。多くのシニアの生活は、年金生活と資産運用で回ることになる。健康な人は、パートやアルバイトで生活費を稼ぐ。70歳以降も同じような仕事が続けられるだけの体力と健康が維持できれば幸運である。 

自分でお金を稼げるという自信が生活意欲を高める!

高齢者には難しい文明の利器:スマートフォン(iOS, Android)

iPhone 6を家内(50歳代後半)に購入した。今まで自宅でiPadをパソコン代りに使って情報検索をするだけであった。家内の友達から「いつ、LINEでトークが出来るの?」と。早くスマートフォンに変えなさいというプレッシャーがあったと言う。友達の中で彼女だけがガラケー端末であったのでLINEが出来ていない。  

iPhone 6の操作教育:メールとLINE+iOSは忍耐力がいる!

北朝鮮からミサイルが飛んできたらシニアは何をすべきか?

4月25日頃に米韓軍事演習が終わるという。この日までに北朝鮮と米国で戦争が始まらなければ、世界は何らかの平和的な解決が見出されたと考えるだろう。私が考える一番良い解決方法は、金正恩第一書記を亡命させて現政権を新しい政権に組み換えさせることだろう。

日本政府は、ミサイルが飛んできたらJ-Alertを発信して国民に退避させる準備をしている。ミサイルが発射されて日本に落下するまでどのぐらい時間がかかるのだろうか。数分だと言われている

J-Alertサイレンと放送から数分以内となると出来ることは限られる。シニアはどうすれば良いのだろうか?

北朝鮮からミサイルが日本に発射されたら・・・