LINEで家族との会話とコミュニケーションを増やす

家族4人の家族会議がLINEで簡単にできる。最近、家内にiPhone 6を購入。私もFreetel雅SIMフリースマホを購入。子供たちは、既にiPhoneを使用している。家族全員がLINEを使える環境が出来上がった。 

LINEの家族グループを作りそのグループで家族の誰かが発信すれば全員に伝わる。自分に直接関係なくても家族の動向が分かる。LINEを上手く使えば、メリットが多い。 

FacebookやTwitterは家族向けコミュニケーションツールではない!

FacebookもTwitterも情報の拡散用途では便利だが、プライベートなグループでの会話では不向きである。LINEは、単純な用途で使えるので一度やり方を覚えてしまえば、誰にでも使える。Facebookでも同様なことが出来ないわけではないが、操作が難しい。

単純な用途には、単純な仕組みが一番良い。

LINEでの会話は、若い人たちとご婦人方に人気がある。中高年やシニアの男性には人気がないというか、LINEと言うツールについて知識がない。スマホも使えない人が多い。そのため、時代に追いついていない。

LINEでは、文字メッセージ以外にスタンプがある。スタンプは、アイコン画像で画像毎にメッセージを表現できる。言葉でなく、スタンプだけでメッセージを相手に伝えられる。このため、ご婦人方はスタンプを多用しがちである。一寸した気分をスタンプで伝えることが出来るので楽しめる。

なぜ、スタンプビジネスがLINEで流行したのかがLINEを使って分かってくる。色々なことをスタンプを使って伝えたいため有料のスタンプを買う。そこにスタンプビジネス市場が生まれた。

私の家族は、スタンプに凝っていないのでLINEで使える無料スタンプと文字メッセージだけで会話を楽しんでいる。ほとんどは、用事の伝達や帰宅時間などが多い。メールや電話でメッセージを伝えるよりもLINEの方が、簡単に速く伝わる。

年末から正月にかけて子供たちはそれぞれの活動がある。友達と一緒に休み中は外を出歩く。どこにいるのか、いつ自宅に帰ってくるのかなどLINEを使って伝えてくれれば親も安心だ。

無料電話も出来るので緊急な場合は、電話をかける。私のスマホは、データ通信専用なのでLINEでしか電話をかけられない。 

文字、スタンプ、音声などでメッセージを送る簡単な仕組みがLINEの魅力なんだろう。シニアにとってもLINEを上手く使えればもっと交流を深められるし、孤独から逃れられる。