定年退職後のシニアは何に悩み、何をするべきか?

60歳定年退職になると自分の生き方に迷う。会社組織から離れた生活を見通すことが出来ない人が多い。大学を卒業して大企業に就職するまでは、誰でもが頭で描ける一般的な人生の道である。その道を歩いて行けば、取り敢えず、安全な人生を送れるという見通しがあった。

会社に就職して定年退職したあと、どうすれば良いかの道が教えられていないというか、一般常識として知られていない。知られているのは、定年退職=働かないで年金生活をする。生活に必要なお金は年金でまかなわれるので自分の時間を好きに使って良いよ!という状態に置かれる。 

定年退職後のシニアの生活は、個人差がありすぎる。何をして良いか分からないシニアは、毎日が日曜日で精神的に苦しみ始める。暇な時間が悩みの種になる。

定年退職後に悩みだすシニアは何をすれば良いのか?

定年退職後にこれをやってみたいという夢を持っている人は、戸惑いがない。やっと、やりたい事が出来ると喜ぶ。

多くの人は、会社人間として飼い慣らされた。仕事は上から落ちてくる。落ちてきた仕事を一生懸命やれば良い。それで今までの生活は成り立っていた。

定年退職後には、自分で仕事を見つけるか、作るという選択しかない。 

毎日が日曜日の状態を望んでいたのに。それが現実になると悩み始める。人間はわがままだ。60年以上の人生を送ってきた私たちシニアは、自分の余生を本当に楽しむために何をやるべきかを考えるべきだ。

年金だけでは暮らしていけないと思うならば、暮らして行くために仕事を見つける、仕事を作り出すという仕事がある。それを実行しながら、本当に自分が楽しむ人生を探す。生活資金を作るために働くのはつまらない。どうせ、生活資金を作るならば、自分がやりたい事をしてお金を稼いだ方が良い。

頭ではそれを理解しているが、一体何をやれば良いかが分からないのが現実だ。

悩んでいるシニアは、自分で航海図を描くしかない。やりたい事をリストしてみる。リストしたことを一つづつ実行してみる。

生活資金を稼ぐことから始めるシニアは、目的を持って仕事を探す。仕事を作り出す(個人事業主として)。

目的を持たないでパート、アルバイト、派遣をやると体を疲れさせるだけだ。何も面白くないし、先見えない。ある人は、自分の健康を維持するために意図的に体を鍛える仕事(スーパーのカート回収の力仕事)を探した。

目的がある仕事であれば、生活資金を貯めるためでも意義を見出せる。自分の人生の旅を楽しませてくれる仕事探しに絞り込む。