シニアがブログで稼ぐ条件

ブログでグーグルのアドセンス広告をやっている知人がいる。ブログサイトのページ数が8000ページ近くある。非常に沢山のコンテンツページだが、稼げていない。ブログで広告収益(Google Adsense)を稼ぐには、一定の条件を満たす必要がある

その条件を満たしていないとお金は自動的に降ってこない!

ブログで広告収益を得るための条件

誰でもブログホームページを作って広告収益を得るビジネスを始められる。会社員の副業としても主婦の小遣い稼ぎとしても始められる。グーグルにとって広告を掲載するコンテンツを提供してくれるホームページは喜ばれる。

ブログサイトで広告収益を得るには、作ったブログに多くの人がアクセスしてグーグルが提供するクリック広告をクリックしてもらわないとお金は落ちてこない。表示された広告を閲覧するだけでは大した収益にならない。原則、サイト訪問者が表示された広告をクリックして初めて広告収益がグーグルより支払われる。

どんなに多くのコンテンツがブログサイトにあっても、どんなに多くの人があなたのブログホームページに訪れても、広告をクリックしてもらわないとビジネスは始まらない。知人のブログサイトが8000ページあっても訪問者の数が多くてもクリックしてくれないと売り上げはゼロだ。

結論から言って、知人のブログサイトに訪れる人は表示された広告をクリックする人たちでは無かったと言うことだ。

シニアが間違うブログ作り 

広告収益を得ようと多くの友人がブログを始めた。1年間続けてブログを書き続けた友人はいなかった。広告からの収益もなかった。何か間違えたのだ。ボタンの掛け違えかもしれない。コンテンツはページとして残っているが広告収益として形を変えてきていなかった。

間違いその1:書かれたブログを読みたいと思ってくれるターゲット層が絞り込まれていない!

グーグルのアドセンス広告をクリックしてくれる訪問客が沢山ブログサイトにやってこないと駄目だ。多くは、検索サイトで検索してコンテンツページにやってくる。コンテンツの内容が特定のニーズを満たす物であるとターゲットは絞り込まれる。内容自体がぼやけているとやってくるターゲット層もぼやける

間違いその2:潜在ターゲット層の数が少ない!

何事も市場規模でサイトにアクセスしてくる人数も変わる。自分が書くブログに関心を持つターゲット層の規模が広いことだ。ニッチの読者市場であると訪問客は自ずと少ない。これでは駄目だ。ブログコンテンツが多くの読者の興味を引く物であると良い。それが分かれば苦労しないのだが、試行錯誤で自分が想定しているターゲット読者層に向けて関心を示すだろう内容のブログを書くしかない。

間違いその3:読んだ後に役に立つ情報ページになっていない!

検索にヒットしてやって来た読者がそのブログページを読んで何か得るものがあれば、次回も訪問してくれる。ロイヤル読者が増えれば増えるほど集客ブログサイトになる。その結果、広告をクリックしてくれる確率も上がる。シニアのブログページは、読んだ人にメリットを感じさせる内容になっていない場合が多い。多くは、日記の延長線にある内容だ。探している情報が見つからないページ内容になる。

私の友人たちが、なぜ、ブログで広告収益を1年後に稼げなかった主な理由はこの3つだ

私が作るブログサイトは、ページ数で100ページ以上になり始めると毎日数十円単位で広告収益が落ちてくるようになる。ページ数が増えるに従って落ちてくる広告収益も増加していく。

ただ、

時間がかかるだけだ。複数のブログサイトを育てている。毎日ターゲット層の読者に向けて役に立つだろうと私が勝手に思っていることを書いている

シニアがブログで稼ぐビジネスは、ビジネスモデルを理解するのに時間が掛かるし、試行錯誤が要求される。それに辛抱できないと広告収益は自動的に落ちてこない。一般的に言われているのは、ブログで稼ぐには長期戦で構えないと稼げないということだ。