多くの高齢者を見たければ昼スーパーに行ってみる

under sea

高齢化社会を肌で感じたければ、平日昼の時間帯に近くのスーパーマーケットに行ってみると良い。お客のほとんどが高齢者たちだ、または、中高年の女性たちだ。これが当たり前なのだろうかと疑う。朝、スーパーが開店するときに高齢者が多く見かけるのは以前から知っていたが、なぜ、昼の時間帯もなのだろうか?

理由は色々考えられる!

高齢者たちは、食べ物の買い置きが出来ない場合がある。自動車が運転できないために沢山の食物を自宅まで持っていけない事情がある。自宅で料理しないで総菜や弁当などを買いに来る高齢者も多い。

朝、昼、夕方の3回、スーパーに買い出しをする。買い出しをする事自体にある意味があるのかもしれない。歩く事で足を動かす。外に出る理由を作る。1日の気分転換にする。こんな理由が考えられる。

昼は、若い人たちが会社近くのレストランで食事をする。または、社内で御弁当を食べる。スーパーに若い人たちが行く必然性がない。小さい幼児連れの若い奥さんの数よりも高齢者の数が多い。昔は、この逆であった。それだけ高齢化社会になってきているのだ。

堺屋太一がある本でこれからは団塊世代が輝く時代であると言っていたが、実際にどうなのだろうか。彼がそう言う理由は、年金兼業労働者になるからだという。ある程度の生活資金は年金からもらえるので好きな事を仕事にして働けると言っている。これは、好きな仕事が出来る人だけが対象になる。

団塊世代は今60歳後半から70歳前半の年齢だ。

彼らは本当に年金兼業労働者として社会で活躍しているのだろうか。私が見る限り、多くの団塊世代のシニアは働きたい仕事が見つからないで時間を持て余している。取り敢えず、働かなくても年金で生活が出来るので緊迫感はない。社会は、そんな高齢者が喜ぶ仕事を与えていない。

むしろ、

社会は、自分で仕事を作る機会を与えている。

困ったことに団塊世代のシニアは、忠実な組織の歯車として動いてきた。自分の発想とアクションでビジネスを興すという経験がない。何かやりたいビジネスが頭にあれば、それがきっかけとなるのだが多くはそのアイデアもない。そのため、一番簡単な方向に向かう。

時間の無駄遣いをする事だ。余生を有意義に生きたいと積極的に考えて動いているシニアであれば、NPO団体などで何か出来ないかを探し出す。殆どは、社会での自分の居場所を探そうと外に出るのだがウロウロするだけだ。午前中は、あのカフェで時間を潰し、午後は図書館で昼寝だ。

 朝、昼、夕方、スーパーに買い出しに来ることは、高齢者に取って良い気分転換だ。毎日が日曜日の高齢者は、その生活を楽しんでいない。生きているけれども生き甲斐がない。時間だけが過ぎていくだけだ。生活に感動と発見がないと頭はどんどん衰えて認知症状態に向かう。

団塊世代の高齢者が一番多い。この世代の高齢者が生きがいを持って生活を送る仕事が必要だ。または、変化が激しい時代に追いつくための再教育が必要だ。政府は、老人を労働者に変える再教育プログラムを無償で行うべきではないか。20世紀に米国で作られたアダルトスクールがある。格安、または、無償で地域の大人に時代が要求する職業訓練教育をする学校だ。年齢不問で誰もがその教育を受けられる仕組みになっている。

日本に無償で誰でもが学べるアダルトスクールが必要だ。