老後の生活はお金次第で困っている長生きの女性

男性よりも長生きする女性は、自分の老後を心配している。働いてお金が稼げれば良いのだが、年齢が80歳を越えれば体力も落ちるし、雇ってくれる場所も無くなる。誰が考えても長生きした女性が年金や貯蓄だけで生活し続けるのは難しい。有料老人ホームは、既に満杯。お金で余裕がある資産家であれば、お金が高い老人ホーム(億単位の費用)を探せる。

家族が面倒を見てくれるならば、老後を安心して任せられるのだが・・・

老後にどのぐらいの貯蓄があれば安心かという話題が新聞記事や週刊誌で溢れている。ある人は、3000万円あれば何とかなるとか、いや、1億円ないと安心できないとか、色々な見解がある。

一番安心な状態は、継続的にお金が降ってくる仕組みを老後に作り出せれば問題ない。大家さんビジネス、株の売買、投資家、その他ビジネスから収入が降ってくれば良い。その仕組みを長生きする奥さんに残してあげる。それが出来る旦那であれば、奥さんは大喜びだ。

これは、あくまでも理想のケースだ。現実は、非常に限られた人たちだけだ。多くの長生き老人は、年金でやりくりをする事になる。女性の年金は男性よりもかなり少ない。国民年金で6万円弱だ。自営業の奥さんであればだが。女性が若い頃会社員であれば、厚生年金が追加されるが男性ほど優遇される金額にならない。

残された奥さんが年金だけでは生活が出来ない。子供が無ければ、生活保護でしか生きていけないだろう。経済的に裕福な老人女性であれば、生活はまた違うだろう。お金次第で第三者がお世話をしてくれる。お金持ちが優遇される時代だ。どの時代もお金持ちがでかい顔をする。

これは、長生きが出来るという大前提の話だ。

資産家であっても健康が優れなければ、生きている価値を見出せない。長生きは健康で無ければ意味がない!

私の老後は、子供たちと一緒に生活が出来る事だ。生活の中に子供たちと孫がいる。世代をまたがった触れ合いがある生活の中で他界していきたい。老人ホームなんて行きたくない。自分が分からなくなる認知症になったら、どうしようもないが。自分で自分の人生を判断できるならば、子供たちや孫と一緒に生活をしたい。

子供がある老人たちは、私と同じ願望があると思う。それが成り立つ家族関係とお金が大前提になる。お金はついて回る。お金を忘れて家族と一緒に生活が出来ないのだろうか。子供が資産家になっていれば、親はお金で困る事はない。そんな老人は非常に数が少ない。

老人は、子供と同じだ。自分一人では生活が出来なくなる運命なのだ。

長生きをすればするほど自分一人では生活が成り立たなくなる。あと20年も立てばロボットが老人のお世話をしてくれるかもしれない。ロボットもお金次第になる。ロボットを動かすエネルギー費用が発生する。ロボットを維持するお金も発生する。世の中全てお金しだいた。

長生きが美徳である時代が本当に来るのだろうか。

地球が抱えられる人口は50億人だという話だ。時間と共に人口抑制が始まる。長生きをする人間が増えれば増えるほどこの危機感は高まる。ある時点で自分で自分の人生を終わらせる選択権が与えられるだろう。長生きを止めるという選択権だ。長生きで困るのは、長生きが出来る女性だ。