前期高齢者、後期高齢者と言っている老人

シニアが集まるサロン会で自己紹介がある。時々、私は前期高齢者になりましたとか、後期高齢者になりましたと自己紹介する人がいる。60歳代の私でもどのような意味があるのか分からないで聞き流している。若い人ならば、全然意味を理解できないだろう。私の理解では、前期高齢者は65歳から74歳までのシニア。後期高齢者は、75歳以上のシニアという意味なのだ。

本当の意味は・・・?

前期・後期高齢者の後に医療制度が続く。

前期高齢者医療制度とは、65歳~74歳の方を対象とした、健康保険や国民健康保険の医療費負担を調整するための制度である。具体的には、70歳未満は3割負担、70歳以上は2割負担となる。後期高齢者医療制度は、75歳以上の人、65歳以上の寝たきりの人が対象になり、医療負担が1割となる。

つまり、医療負担を軽減する、または、調整する医療制度だ。

自己紹介で前期高齢者となりましたと言っている方は、65歳以上で有ると言う事だ。後期高齢者の場合は、75歳以上であると言う事になる。75歳以上になると介護が必要になるシニアが多くなると言う。年金生活では、医療負担が大きい。その負担を軽減するための医療制度になる。

前期高齢者や後期高齢者であっても現役並の収入がある場合は、3割負担となる。現役並みの所得とは、「住民税課税所得が145万円以上で、前年の収入額が383万円以上の被保険者」の事である。

私は61歳なので単純に「高齢者」と言うラベルを貼られる。国民年金をもらい始めると前期高齢者であると自己紹介が出来るようになる。こんな事は、年齢を身近に感じるシニアでしか関心が無いだろう。

国民年金の支給年齢が将来65歳から70歳に引き上げられたら、前期・後期高齢者医療制度の対象年齢が同様に引き上げられるのだろうか。変更されるならば、医療制度改正手続きが取られるはずだ。

老人にならないと分からない事が沢山ある。自覚できる現象と国から言い渡される現象だ。若い人たちは知識として理解していれば将来の老人になったときにどうなるのかが分かる。10年先、20年先の日本は、予測不可能な世界だからその時に臨機応変に対応するしかない。

今のシニアは10年先のパンを気にするが、若者たちは明日のパンを気にする。時代は、若者たちに厳しい変化を生み出している。自分の将来設計や老後設計をある程度ビジョン化する必要が今の若者にある。貧富の格差が広がっている。老後はその格差が災いをもたらす社会になっているかもしれない。

若者は、老後の生活のために今楽しむべき時間を後に取っておく必要は無い。人それぞれ運命が違う。長生きできないかもしれない。若者は、自分の老後の生活はこんな感じで過したいというビジョンを持つだけで良い。そのビジョンがあれば、自然とその方向に自分の人生の舵が取られていく。

与えられた時間という命を自分が描くように使う。