本当のお金持ちはクレジットカードを嫌う

私の知人に代々からの資産家の家族がいる。彼らの生活は質素そのものの生活だ。テレビ番組できらびやかにお金持ち生活を紹介する芸能人を見ると本当の理由は貧乏であったからなのだろう。そのため、お金持ちぶっているのではないかと疑いたくなる。賢い資産家は、自分がお金持ちである事を外部に極力見せない。普通の人のように生活も行動も振る舞う。賢いからだ! 

個人差はあるがお金持ちは現金主義が多い!

下記の内容は、プレジデントオンラインの記事からの引用である。

「お金持ちの人たちはだいたいがカードを嫌う。分割払いもNGだ。一括の現金払いを好む人がすごく多い。カードを使わないメリットの第一は、現金で「感謝の気持ち」を人に与えることができることだ。第二には、出費の大きさを肌で感じることができるという点。そしてすぐに財布が軽くなるという実感があるので、無駄なものを買わなくなる。だから、お金持ちにはお金が貯まる。これが善循環。お金の法則を守る人には、どんどんお金が集まってくるわけだ。」

この内容は100%同感である。

現金で「感謝の気持ち」をお店や製造者に伝えられる。現金ほどインパクトは強い。クレジットカードであると金額の大小の感覚が分からなくなる。400万円のトヨタプリウスを買うときに現金で支払うインパクトは強烈である。プリウス販売店の方が、現金ではなく銀行振り込みかクレジットカードにしてくれないかと頼んでくるほどだ。

お金持ちは、現金がもたらす効果を良く理解している。

お金の使い方をコントロールできる人ほどお金持ちになる。お金の奴隷になる人は、クレジットカードを使いまくる。ローンの上にローンを重ねる。この結果がどうなるかは頭で認識していても今の欲を満たせればそれで良いという心理が優先してしまう。お金にコントロールされている人だ。本来は、お金をコントロールしなければいけない。

私の子供たちには、お金の奴隷になるなと教えた。「バビロンの大富豪」という億万長者になった人が座右の書にしている本を買い与えて読ませた。1920年代に書かれた名著である。これから老後の生活を始める人、まだな人も一度読んで実践する事でお金の奴隷にならなくて済む。

クレジットカードは、お金をコントロールできない人をお金の奴隷にするツールである。この事を忘れないで欲しい。