65歳と75歳の違い

difference

75歳の高齢者が歩いている後ろ姿を見て体から出るエネルギーを感じられなかった。体が徐々に枯れて行っていくような弱々しい体付きだ。当然、個人差はある。何かに熱中してアクティブに動き回っている75歳の方ならば、こんな感じは受けないだろう。75歳は、後期高齢者というラベルが貼られる年齢だ。

一方で65歳のシニアは、弱々しさを感じる事が無い。まだ、まだ、何かをやれるという印象がある。

10年間の間に何が起きるのあろうか?

一つだけ分かっているのは、体は時間と共に衰えていくと言う事だ。今できた事が10年後に出来なくなる体になっている可能性が高い。精神面はどうだろうか。情熱を持って追い続けて活動を継続している高齢者ならば、現状維持だろう。何も熱中する事がないシニアは、時間を持て余して生き甲斐を失っているかもしれない。

やりたい事が沢山有ってスケジュール帳に毎日何かが書かれている人ほど目が輝いている。エネルギーが体から自然と出ていてそれが周りの人に感じさせる。別に老人だけではなく誰にでも言える事だが、老人ほど顕著にそれを感じる対象者はいない。

周りの人にエネルギーを感じさせるシニアになりたいと私は思っている。

死んでいる動物と生きている動物を見て、どう感じるだろうか。死んでいる動物は生命エネルギーを感じさせない。エネルギーが出ていないからだ。同じ事が人間にも言える。体から出ているエネルギーの量と強さは、人間のセンサーに引っかかる

65歳と75歳のシニアは、自ずと生命エネルギーの量と強さが違うのだが、そこには個人差がある。個人差は、どのような生活を続けているかで決まる。目的を持って何かを追い求めている人は、絶えず活動するためのエネルギーを出している。忙しい老人ほど健康で元気なのだ。

Happy Retirementで毎日が日曜日の高齢者ほど自由な時間に苦しめられている。65歳からの10年間を目的のない生き方をしていると75歳になる頃にはエネルギーを作り出すエンジンが壊れ出す。向かうべき羅針盤を自分で作れなくなっていると風が吹くと風の力で人生の迷路に入っていく。

65歳になる前までに65歳以降にやるべき目的を持つ事だ。目的が生き甲斐に変わるからだ。生き甲斐は、生命エネルギーの放出を増やす。生きがいを見つけられないと75歳になる頃にその違いが出始める。弱々しいエネルギーを出しているシニアと話すと話に張りがない。声に強さを感じない。枯れ葉のように力を感じない。

年金生活をしている人は「毎日が日曜日」を如何に料理しているかで75歳を迎える時にその成績が生命エネルギーとなって帰ってくる。目的があるアクティブな生活をしているシニアは、その違いを体に作っている。

65歳から75歳までの10年間は、高齢者の生き方で相当の違いが生まれると私は見ている。