老後の経済的な生活不安:いくらまでお金を貯めれば良いのか?

誰もが考える老後の生活。一体、老後の生活でどれぐらいのお金が必要なのか。この疑問は誰もが持っている。いくらお金を貯めれば安心なのか。個人差がある。その人の生活スタイルで使う出て行くお金が違う。

その前に自分が何歳まで生きれるかだ。これも分からない。こうなると自分は、何歳まで生きるという仮定を決めてお金を貯える必要がある。男性の平均寿命は83歳、女性は、88歳ぐらいだ。平均以上に生きられれば、ラッキーと思うべきだろう。取り敢えず、平均寿命まで生きて行くという仮定でお金を貯める。

問題は何歳まで働いてお金を老後のために貯められるかだ!

・・・と思う前に今の自分の年齢で働く口が見つけられるかだ。お金を蓄えねばならないと思う前にお金を稼がねばならない。節約してお金を貯めても貯める金額は微々たるものだ。お金を稼ぐか、お金を増やすかのどちらかだ。

60歳から65歳までは、探せば働く口は見つかる。アルバイトでもパートでも派遣でも探せば見つかる年齢だ。65歳から70歳までは、正攻法で探しても年齢で面接まで行かない場合が多い。書類審査の壁で年齢が問題になる。こうなると自分の人脈を使ってビジネスをやっている知人や友人にお願いするしかない。そのような人間関係が出来ている人は助かる。

70歳以上の人は、どうするか。

体力で仕事をする事がどれだけのシニアに当てはまるかだ。70歳以上の人は、持病を持っていたり、筋力が衰えていたり、足が弱くなって長時間歩けなくなっていたりする。体力で働くよりも頭でお金を稼ぐ方法を見つける必要がある。

特殊能力や経験で、または、地道な努力をして新しいビジネスを作り出すかだ。頭でお金を稼ぐには、知恵が必要だ。インターネットを使えるシニアならば、自分のリソースをウエブ上に登録して仕事の依頼を待つ方法もある。それをするには、自分が持っている知識、経験、ノウハウに市場価値があると信じなければならない。

健康寿命は約71歳だという。健康で普通の生活が出来ているシニアならば、働ける体を維持できる年齢までお金を稼げる。自営業者は、サラリーマンとは違って厚生年金を頂けないので今のビジネスを死ぬまで働けるまで続けるしかない。健康であれば、年齢制限がなくお金を貯められる。

一般的に知的労働サービスが出来るシニアに需要がある。

例えば、語学力を生かして翻訳や通訳の仕事がある。大型コンピューター向けのプログラミング言語(COBOLやアセンブラーなど)が出来れば、自宅でプログラミング開発が出来る。この手の需要は、現在、非常にある。若いプログラマーはこれらの言語を習得していないためだ。クラウドソーシングからリモートワークの仕事を受注できる機会も増えている。

頭を使ったお金稼ぎは、70歳以降のシニアにチャンスがある。あまり余った暇な時間を有効活用できるからだ。日々の生活で発生するお金を節約するだけでは決して多額のお金は貯める事が出来ない。自分でお金を稼ぐ姿勢が求められる。体が不自由になってもインターネットが使えれば、ネットから仕事を受注して在宅ワークをする。

その意味合いでパソコンとインターネット知識はこれからの70歳以上のシニアにとって必須になる。