自分の老後:普通の生活を出来るだけ長く送るためにする事

60歳から70歳までの生活は、想像ができる。普通の生活を送れる可能性が高い。問題は、70歳から80歳までの生活がどうなるか予想がつかない。70歳から健康面や身体面で個人差が出始める。最初のサインは、足の筋力だ。知らないうちに歩くのが遅くなる。階段の上り下りを避け始める。体の疲れを頻繁に感じ始める。多くの高齢者は、75歳を過ぎた頃からこのような状態になる。

普通の生活がいつの間にか出来なくなっている自分に気が付く。こうなる前に予防策を自分なりに講じなければ普通の生活が出来る年齢を遅く出来ない。普通の生活が維持できる老人は幸せな老人である

60歳代のシニアは、普通の生活があたかも永遠に続くかのようなイメージを持っている。自覚症状を感じていないから仕方ないが。怖いのは、自覚症状を感じ始めたら、もう遅い事だ。普通の生活が出来ているうちに予防策を実施することだ。

老後の生活は普通の生活を如何にして維持させるかで変わる!

普通の生活でない生活とは、体の老化から来る運動機能の低下で自分一人で生活が出来なくなることだ。誰かの支援がないと普通の生活が送れなくなる状態である。

歳を取り始めたと感じる年齢になると自然と自分の健康に気を使い始める。老人にとって健康で元気な事が一番の関心事になる。70歳、75歳、80歳の節目の間に友人、知人、伴侶が他界したり、認知症になったり、歩行障害になって介護ベッド生活を送るようになったりする。そんな周囲の情報が伝わる度に自分の健康に気を配る。

健康で普通の生活を維持するためには、当たり前のことだがこんな事をすることだ。

  • 病気にならない
  • バランスのとれた食事(タンパク質を多めに取る)
  • 定期的な運動習慣を持つ(足の筋力強化を重点的に行う)
  • 十分な睡眠時間を確保する
  • 「楽をしない生活」をしない

私が意識して行っている事は、(1)筋トレと足の鍛錬、(2)タンパク質の多い食事、(3)自宅を出て仕事をする生活、(4)年に1回の人間ドック、(5)薬や健康サプリを出来るだけ取らないで食事から取るの5つである。

特に気を付けているのは、薬を頻繁に常用しない事だ。漢方薬以外の健康サプリメントは取らない。私が薬を飲むときは、風邪の引き始め症状が出た時だ。持病は仕方ないので医者の指示通り薬を常用する。それ以外は、出来るだけ薬を体に取り入れない。その理由は、薬を常用すると腎臓に負担が来るからだ。

腎機能は、加齢とともに衰えて行く。その衰えを加速するのが、必要以上の負担を腎臓にかける薬だ。薬は常用しなければ腎臓への負担は少ない。腎機能は一度悪くすると治せない。その意味で重要な臓器である。

年齢とともに体の動作が鈍くなり、バランスが取れ難くなる。体を動かす機会が少なくなる生活に入る老人が多いからだ。外出が減り、自宅にこもり始め、体に楽な行動が多くなる。本当は、体を楽にする生活パターンに入らないように意識して定期的な筋力運動するべきだ。

私は、通勤時に駅にある階段の上り下りをしている人たちをいつも観察している。エスカレーターと階段があるのだが、多くの人は列をなしてエスカレーターを使っている。階段を選択している人は、一部の人だ。若い人から老人まで幅が広い。階段を意識して上り下りしている老人は、自分の体を楽させていない。

足を鍛える事で普通の生活を維持できる筋力を付けようとしてる。この意識がある老人は意識がない老人よりも確実に健康で活力がある体を手に入れる。ここで個人差が生まれる。自分の体を楽させない体の使い方を意識するべきだ。