収入を得るのが65歳以降の最も堅実な老後資金対策

65歳になったら会社を卒業する。卒業と同時に労働での収入が無くなり年金に頼る生活になる。そんなイメージを信じて老後の生活に不安を抱いているシニア夫婦が多い。

でも、

65歳はまだ若い。少なくともあと5年間は、普通に働ける体と気力があるはずだ。老後の収入源が年金だけになるという事に不安を持つならば、働き続けて月々の収入を得るしかない。毎月のキャッシュフローさえ維持できれば、老後の生活不安はやってこない。出来るだけ長く働き続けてお金が入るようにする仕組みを作ることだ。

堅実な老後資金対策

「体が資本」から堅実な老後資金対策が始まる。健康で体力がある体作りを日頃から意識して体に錆が付かないようにする。長い間体を動かす事をしていないと体が硬くなり柔軟性を欠く。筋力低下をもたらし、耐久力も体力も続かなくなる。こうなると体の資本は日増しに減って行く。

確実な老後資金対策は、自分の体と頭を使ってお金を稼げる環境を自分で作り出すことだ。そのためには、健康な体と体力が必須だ。

会社からお金をもらって生活してきた会社員は、自分の手でお金を稼ぐという経験をしていない人が多い。そのため、雇用してくれる会社を探し始める。現実は、年齢が邪魔をして職に有りつけない場合がほとんどだ。多くの65歳以降のシニアが少ない職で競争しあうため、特別な人脈や紹介が無い限り新しい職に就く事は難しい。

分かり切ったことなのだが、その方法しか元会社員は思い付かない。

お金を稼げる環境を自分で作り出す

私のように起業した人は、自分でお金を稼ぐ環境を作り出している。株式会社を設立して起業しろとは言わないが、個人事業主になって自分の手でお金を1円でも良いから稼ぐ体験をしてほしい。

他人の下で働いてお金を稼ぐ方法は、年齢的に言って長くは続かない。若い人を雇用したほうが経営者にとってメリットが大きいからだ。最後に残る方法は、自分がアクションを起こしてお金を稼ぐ挑戦をすることしかない。自分が得意としている分野、お金を稼げる可能性があると思っている分野、誰もが手を付けていない市場を見つけるなどして1円でも良いからお金を自分の手足で稼いでみる。

お金を稼いでいる人の下でシニアインターンとなってお金稼ぎの仕組みを学ぶのも一つの手である。または、NPO団体に参画して社会のニーズを肌で感じ、ビジネスの種を探す。

一番いけない方法は、他人が考えた方法に誘われて始めるビジネスだ。完全にその人たちのカモにされている。お金儲けは、独自性が無いと上手く行かない。独自性とは、自分の考えと「感」で生まれてくる。ビジネスはいつも一人から始まる!仲間に頼るな!

堅実な老後資金対策は、お金を稼ぎだす仕組みと環境を作ることで始まる。小さく始めて1円でも良いからお金を稼げるという自信を身に付ける事だ。