家族信託契約で高齢の両親の資産管理と運用を家族が代行する

高齢な親が認知症や介護ベッド状態になる前に金融資産や不動産の管理と運用を家族の誰かに委託する「家族信託契約書」を作成して置くとこんな問題を解決できる。

家内の母親は老健施設で生活をしている。その費用を母親の銀行口座から引き出そうとしたが、本人でないと引き出せないという問題が発生している。これを回避するには、母の金融資産や不動産の管理運営を家族の誰か(家内)に委託するしかない。家族信託契約書があると受託者が母の銀行口座にあるお金を引き出して老健で発生する今後の費用を支払えるようになる。

これが今私たち家族が直面している介護の問題である。キャッシュカードと暗証番号があれば、1日50万円までお金を引きさせるが50万円以上の出費が発生した時に対応できない。母親が認知症にならないうちに家族信託契約書を作成して家内が受託者になり母親に代わって母親の銀行口座から介護費用の支払いをするしかない。

自宅では家内の父一人が生活をしている。91歳と言う高齢から時間の問題で有料介護付き老人ホームに入居するだろう。そうなると家族の誰かが父親の資産を管理運営せざるを得なくなる。ここでまた家族信託契約書を父親と家内の間で作成して資産管理と運営を代行するようにするしかない。

父親と母親が認知症になる前に子供である家内に資産管理と運用を委託する家族信託契約書を作らなければ、両親の資産を両親のために使う事が出来なくなる。家内の両親は、認知症を発症してもおかしくない年齢になっている。頭がしっかりしているうちに家族信託契約書を作成するのが急務と私は思っている。

家族信託契約書を作成するには家族信託に詳しい司法書士を探すことだ!

家族信託は、大手信託銀行が行っている遺言信託サービスと違って100万円以上の費用は発生しない。家族信託契約書を自分たちで作成できれば、コストはゼロだ。公証証書にしなければいけないという事もない。公証証書にすると時間とお金が発生する。基本、公証証書にすることを義務付けていない。

ただ、

契約書の作成は、その道のプロにお願いしたほうが問題が無い。家族信託に精通している司法書士であれば、お金は発生するが安心して任せられる。家族信託契約書は、家族ごとに内容が違うため全てカスタマイズ作成になる。そのため、手間暇が発生する。最低でも30万円ぐらいの費用が発生するという。家族信託する資産金額や契約内容(不動産やその他資産)で費用は変動するので注意が必要だ。

私は家内に代わって家族信託について勉強する役目を担っている。年内までに両親の資産管理運用が家内を受託者として出来るよう家族信託契約書作成の準備を整えたいと思っている。

こんな形で準備して行こうと思っている。

  1. ウエブで「家族信託」を検索して雑多な情報を手に入れて理解する
  2. 家族信託のセミナーに参加する
  3. 家族信託に精通している近場在住の司法書士を複数人見つける
  4. 司法書士にコンタクトを取る前までに家族信託の内容を事前に決めておく(家族会議を開催する)
  5. 家族信託契約署を作成する上で必要な手続きや書類を明確にする
  6. 家族信託に詳しい司法書士を選び、話を聞く(費用の見積もりまで)
  7. 問題が無ければ、司法書士に家族信託契約書作成の作業を開始してもらう

こんな手順で始めようと思う。

認知症になってしまっている親ならば、残念ながら「家族信託」は使えない!

色々な用途で家族信託は使える。私たち夫婦は、家内の両親の老後生活で発生する費用を両親の資産から支払いが出来るようにする目的で家族信託を利用しようとしている。この問題は、どの家族にも起きる問題である

 

この記事「家族信託契約で高齢の両親の資産管理と運用を家族が代行する」のポイントは、

  • 高齢の両親が認知症になる前に子供に両親の資産管理と運用を代行させる家族信託がある
  • 家族信託契約書を作成すれば、有効になる
  • 家族信託に精通している司法書士をお願いしたほうが無難である
  • 家族信託について事前に情報をたくさん入手してどのような事前準備が必要かを理解しておく

 


メール