強い思いは自分の夢を実現させる

自分の生き方は、強い思いで決まると思っている。強い思いとは、こうしたい、ああしたい、といつも思い続けている夢だ。夢は、諦めない限り実現する。人生の生き甲斐は、夢を実現する過程にあると感じている。夢がかなってしまうと生きがいも消えるからだ。

私には色々な夢がある。

その中で30年以上もなんとか続けている筋トレがある。この2年前までは、週1回の筋トレであった。そのため、体力の現状維持と健康維持で終わってしまった。今は、週2回筋トレをしている。1年間、週2回の筋トレを続けたら、自分の体が変わってきていることに気がついた。ベンチプレスで63kgがやっとだったのが、83kgまで上げられるようになったのだ。63歳で83kgを上げるのは、普通の人では出来ない。

ここが強い思いが始まる出発点になった。

80歳の時にベンチプレスで80kgのバーベルを上げる

強い思いがある。
80歳の時にベンチプレスで80kgのバーベルを上げるという目標だ。

63歳の現在、バーベルを上げるときの感じは
63kg 軽い
73kg 普通
83kg 重い
 ↓
73kg 軽い
83kg 普通
93kg 重い

こんな感じになっていないと80歳の時に80kg以上のバーベルを上げられないと思っている。

63歳の時と73歳になった時とでは、体力が落ちているかもしれない。筋力が落ちないように定期的に体全体の筋トレをして鍛えなければ老化に負けてしまう。

73歳の時に
73kg 軽い
83kg 普通
93kg 重い

この状態が維持できていれば、80歳の時に83kgのバーベルを上げられる。

体全体の筋力を鍛えないと自分の体重以上の重さを上げられない。

73kg 軽い
83kg 普通
93kg 重い

この状態になった時は、上半身の筋肉は今よりも大きく成長しているはずだ。

筋肉は年齢に関係なく鍛えれば、大きくなる。80歳の老人が83kgバーベルを上げれるとは普通の人は想像できないはずだ。

63歳のシニアが83kgを上げられるのだから、鍛え方次第で80歳の老人でも出来るはずだ。実際に80歳の老人が80キロのバーベルを上げているのを見ている。

こんな人生の目標があることで若さを維持できるのではと思っている。

ある年齢に向かって夢を追い始めると老後の生活に張りが生まれてくる。幾つもの目標を同時に達成するのは難しいが、一つの目標が単純であれば、後はやるだけになる。複雑な高度な目標は、老後の目標に適さないが「強い思いと情熱」があるならば挑戦して見る価値がある。

筋トレはシニアに広がっている。

若者も女性も奥方もスポーツジムで筋トレをやり始めている。横浜でも新しいスポーツジムがいくつも生まれている。健康意識が強くなり、筋トレが健康を向上させる効果が高いと認識し始めたからだろう。

筋トレも色々なやり方がある。スポーツジムで器具を使った方法から自分の体重だけで筋トレをする方法まである。私は、週2回スポーツジムでバーベルを使った筋トレをする以外に日常自宅でスクワット運動をしている。筋トレが初めての方は、まず、自宅で1日1回スクワット運動を始めると良い。できれば、朝起きた時(1セット10回から30回、出来る回数まで)とお風呂に入る前の2回が理想だ。

老人にとって足の筋肉は老後生活を楽しむ上でもっとも重要である。足の筋力は使わなければ知らないうちに落ちていくからだ。歩けなくなって杖や車椅子の生活になると外出も自分で出来なくなる。動く自由を失い始める。

1年間、毎日、朝と夜の2回、スクワット運動を続けるだけで自分の体が変化していくのを感じ取れるようになる。血圧も正常になり、血糖値も改善され、体重も適正値に近づく。それ以上に歩くが苦にならなくなる。

お金はなくても健康な体があれば、お金は作れる。頭と体を使ってお金は作れる。健康を害すると何も出来なくなる。これは事実だ。

この記事「強い思いは自分の夢を実現させる」のポイントは、

  • 強い思いが老後の人生を充実させる
  • 80歳の時にベンチプレス80kg以上を上げるのが目標だ
  • 若者も女性も奥方もスポーツジムで筋トレをやり始めている
  • 健康意識が年齢を越えて広まってきている