老いて来たシニアでも興味があるものは学べる

世間一般的に高齢者は新しい事を学ぶことを嫌がる。63歳の私でも新しく購入した冷蔵庫の使い方をマニュアルを見て学ぶことが面倒だと思っている。世間で言われているように老人は新しい技を学ぼうとしない。

ただ、

例外はどこにでもある。好奇心旺盛な老人は、時代の流れに付いて行く。新しいガジェットを買って使い方をマスターしてしまう。例外ではないが、老人が新しい事を学び始める時がある。 

何かに興味を持ち始めた老人は、新しい事を学ぶ時間と労力を惜しまない。興味が発展して面白くなるからだ。老若男女誰もが面白い事には関心が行く。何もしなくなった老人に何かをさせようと思ったら、その老人が興味を引くものを探し出すことだ。

本能に根差した色気の世界は、男性であれば誰でも関心が行く。本能以外の要素で興味が生まれる事を見つけられれば、老後の生活は楽しくなる。

私が興味を抱く事は・・・

何かをすればお金が空から降ってくること

自分が何かをすれば、その成果がお金となって自分に支払われることだ。自分が持っているリソースから何かが出来れば、その成果物がお金の価値を生み出す。63年の人生で学んだ知識やスキルをお金に換金する事を見つける旅に出かけている。

インターネットの世界は、ホームページで集客が出来ればお金を作るのが簡単になる。人がたくさん集まる場所は、市場だからだ。そんな集客サイトを自分のスキルとコンテンツで作り上げれば、広告ビジネスが生まれる。インターネットビジネスを展開する個人や企業は、自分たちが作ったホームページを集客サイトにしようと苦労している。簡単には出来ないからだ。

一度、自分で作ったホームページが集客サイトとして成長するとお金がお金を呼ぶような現象が引き起こされる。釣り堀と同じ原理だ。魚を釣る餌と竿などの仕掛けを変えると違う魚が釣れ始める。 インターネットビジネスの面白い事は、あのホームページはお金を稼いでいるかどうかが他人から良く分からない事だ。インターネットの暗闇で光って見えるのは自分だけだからだ。

シニアには、何十年と生きてきた人生経験がある。

その人生経験をお金に変える仕組みを編み出せば、空からお金が降ってくる現象を作り出せる。それを可能にするのがインターネットビジネスだ。インターネットビジネスを経験していない人には抽象的で分かり難いが、可能である。何をどのようにすればそれが現実化するかは、それが出来た人しか知る事が出来ない。検索してもそのノウハウは見つからない。

インターネットビジネスは、やってみないと分からないという原理原則がある。どれだけ挑戦したかだ。

もう一つ興味を持っている事が有る。日本で広まっていないGoogle Chrome OS搭載のChromebookである。ChromebookはWindowsパソコンと比較して立ち上がりが速い事だ。待つことなく、すぐに使える状態になる。電源を入れてから10秒以内で直ぐに使える状態になる。

Chromebookで作成した資料や操作環境設定などは、全てGoogle Driveのクラウド上に置かれる。使っているChromebookが突然壊れて使えなくなってもデータや操作環境は、Google Driveに保存されているので、新しいChromebookがあればデータや元の操作環境を瞬時に復元できる。

最近、Chromebookを購入してWindowsパソコンには出来ないメリットを発見している。

こんな芸当がChromebookで出来る。

2台のChromebookを用意する。1台で自分の操作環境をカスタマイズしてChromeブラウザーにいくつかブックマークや拡張機能を追加した。自分の仕事で使い易い操作環境を構築する。Chromebookは、Gmail Addressとパスワードで操作画面にログインする。2台目に同じGmail Addressとパスワードで操作画面にログインすると1台目で設定したカスタム操作環境になる。

つまり、

別々のChromebookが同じ操作環境で使えるようになるという事だ。Aさんと言う知人が使っているChromebookで私のGmail Addressとパスワードでログインすると私のChromebook環境になる。そこで作ったデータは自分のGoogle Driveに保存される。Chromebookは、Google Drive上に置かれたデータにアクセスして加工するためのツールでしかない。

Windowsパソコンは、原則、自分のデータはパソコンのSSDやHDDに保存して使う前提で使われている。他人がゲストとしてログインしても自分のパソコンの操作環境にならない。パソコンが壊れれば、作成したデータを使って仕事が出来なくなる。

私のようにインターネットビジネスをしている職人にとってChromebookの特有な機能は、非常に魅力的である。その上、Chromebookの価格が普通のパソコンの価格の三分の一ぐらいだ。Windowsパソコンを一般的な用途で使っている人ならば、10万円以上もするWindowsパソコンを買って使うよりも5万円以下で手に入るChromebookを買った方がお得だ。やれる事は(特別な用途を除き)同じだからだ。

Chromebookに興味を持ち始めてからChromebookユーザーが集まるオフ会に参加し始めた。新しい出会いと有益な情報を得る機会に恵まれた。63歳のシニアでも今日もを持ち始めれば、どんどん、前に進んで行ける。

この記事「老いて来たシニアでも興味があるものは学べる」のポイントは、

  • 老人は一般的に新しい事を学ぼうとしないが、何かに興味を持ち始めた老人は、新しい事を学ぶ時間と労力を惜しまない。
  • 私は何かをすれば空からお金が降ってくる仕組み作りに興味を持っている。
  • ChromebookというWindowsパソコンに代わるパソコンで新しい出会いを楽しんでいる。


メール