これまでの人生の付けが老後にやってくる

人生の付け。飲み屋の付けと違って期限がない。介護ベッドでの生活が始まった時点でこれまでの付けの支払いが始まる。

元気で生活している時は、日常の生活習慣病という付けがやってくるという意識が無い。元気だからだ。年齢が70歳を越え始める頃に体の免疫力が弱まり、体の弱い部分から病気が発症する。 誰も自分が知らないで作っていた付けがやってくるなんて分からない。気が付いたら、医者からこの病気の原因は生活習慣から生まれたと言われてハッと気が付く。

人生の付けは、生活習慣病だけではない。

65歳以降にどのような生活を送りたいかの計画が有るか、無いかだ!

老後の生活は、どのような生活になるか皆良く分かっていない。どのような生活にするかは、全て自分の希望の中にある。若い頃(40歳代、50歳)から自分の老後は、こんな生活をしたいという絵が出来ていればその絵に向かって準備が出来る。多くの人は、定年退職が近づく60歳代に慌てて自分たちの老後をどの様にしたいかを考え始める。

定年退職時の頃は、子供の教育費と住宅ローンの払い終わりの時期だ。その時が一番金融資産が底になっている時でもある。子供が就職し、住宅ローンもなくなり、後は仕事を見つけてお金を老後のために貯め始めるという時だ。

老後は、金融資産が十分ある、ないで生活スタイルが変わってくる。特に、自分たちの終の棲家としての老人ホームを探すときだ。老人の人口が増加する今、お世話に成る特別養護老人ホーム(公的機関)、民間有料介護付き老人ホーム、自宅の3つしか選択が無い。金銭的に負担が少ないのが特別養護老人ホーム(月額10万から15万円ぐらい)なのであるが、競争が激しいし待たされる。タイミング良く入居できない。

そこで民間有料介護付き老人ホームに入居する選択を考えるのだが、入居一時金と月額料金の高さで多くの一般庶民は金銭的に無理な事に気付かされる。残るは、在宅介護しかなくなる。在宅介護は、家族への負担が大きすぎる。経験が無い人たちはその負担が想像以上である事を知らない。

自分たち夫婦の老後の介護をどのようにするかを決めておく必要がある。この時、先立つのがお金だ。

お金が無いために夫婦のどちらかが介護すると悲惨な余生が始まる。伴侶の介護負担に耐えられなくなり殺人事件を起こしたり、自殺したりする。ニュースになる事件は氷山の一角ではないかと思っている。在宅介護は、お金が無い人たちを苦しめる。 

元気でお金を稼げるうちに老人ホームに入居するための貯蓄をする。

子供たち家族に出来るだけ負担をかけないために今から自分たちの老後資金を増やし、老人ホームへの入居費用を準備するしかない。一番費用負担が少ない老人ホームの利用方法は、90歳頃に老人ホームに入居する事だ。長生きをしても100歳になる前だろう。老人ホームで生活する期間が短くなる。短くなる分だけ費用負担が少ない。

問題は、90歳まで自宅で元気に普通の生活を維持する事が出来るかだ。

老人ホームのお世話になる前に他界すればこんな事を心配する必要が無いのだが、自分の寿命は分からない。寿命があるという前提で計画しその目標に向かって何かのアクションを取らねばならない。

63歳の私が出来る事は、定期的な運動をして生活習慣病を防ぎ、健康を意識した生活を送ることだ。あとは、天に運を任せるのみ。その一つの対策として、死ぬまで働ける仕事を持つという事だ。

お金を自分で稼ぎ続けられることが一番の老後対策になる。年金と貯蓄だけでは生活が悪くなっていく。お金が継続して入ってくれば、貯蓄は増え続ける。そんな仕事を老人でも出来るようにする。その仕組みを作ることが、今の私の使命になっている。

この記事「これまでの人生の付けが老後にやってくる」のポイントは、

  • 人生の付け。飲み屋の付けと違って期限がない。介護ベッドでの生活が始まった時点でこれまでの付けの支払いが始まる。
  • 元気でお金を稼げるうちに老人ホームに入居するための貯蓄をする。
  • 定期的な運動をして生活習慣病を防ぎ、健康を意識した生活を送ることだ。あとは、天に運を任せるのみ。 


メール