目標を持つと顔の表情も目の輝きも変わるシニアたち

最近、知人が新しいシニアビジネスを仲間と始めるという。この話をしてくれたときに知人の顔と目は、いつもの彼では無かった。真剣なまなざしと目標を見つけたという顔であった。今までに無い表情に私は驚いた。 

人は変わる! 

目と顔は言葉を使わずにコミュニケーションする!

あなたの周りにいるシニアの顔を観察してほしい。性別を問わず観察をして何か違いが見ている人の顔と目にあるかを。そこで発見した事は、あなたの顔と目を見ているシニアにも伝わっている。 

目的を持って歩いているシニアは、何らかの活動をしているシニアたちである。何もする事が無いシニアの歩き方は、ただ歩いているだけの歩き方だ。顔や目を見てもその違いは分かる。 

目標は、小さくても良い。今、何をやるべきかが見えていれば良いのである。例えば、私はこんな目標を持っている。2015年が終わるまでに(今日から3ヶ月半)このサイトのページ数を100ページぐらいにする。現在、25ページぐらいだ。毎日1ページ、感じる事を書く。順調に書いていけば、年内に100ページ以上になる。

大した目標では無いが、私を駆り立てる。記事を書くには、それなりの題材を探す必要がある。情報集めもする必要がある。何か目標を持つとそれを中心に色々とやる事が生まれてくる。 

ぼ~としていた緩んだ顔と目が、その目標に向かって輝き出す。それがシニアの精神と体に及ぼすポジティブな影響力は計り知れない。どんなに小さい事でも良いので自分がやってみたいという事を目標にして行動してみる事だ。 

あるシニアは、今までと違った職経験をしたいため、経験してみたいパートやアルバイトの仕事をリストして一つ一つ経験していくという目標を立てた。未知の体験を味わいたいという欲求と好奇心からだ。彼に会うたびにおもしろい体験談を聞かせてくれる。毎回、彼に会うのが楽しくなった!

残りの人生を楽しむという事は、こういう事なんだと!!

彼の顔と目は生き生きとしていた。次に経験するアルバイトは、こんな仕事なんだ。3ヶ月もやれば、だいたいの事は分かってくる。体験すべき事を吸収して好奇心も満たされたら、そのアルバイトをやめて次のアルバイトに移っていく。別にお金に困っているのでは無いので時給の額が低くても求める体験が出来ればそれで良いという姿勢だ。

新しい事、未経験な事は好奇心をくすぐる。裏の仕組みがパートやアルバイトの仕事をする事で分かってくる。人生を楽しむという事はこんな事ではないか!