老人は皆弱者になるが、それをバネにして挑戦する老人は強くなる

70歳を境に肉体的にも精神的にも老いを強く感じ始める。自分が社会の中で徐々に弱くなって行くのが肌で感じる。60歳代の私の目から見ても70歳代のシニアは、弱弱しく見える。歩き方だけをとっても力強さを感じない。運動を定期的にしている人は別だが。全般的に老化現象が70歳代から強く体に出てくる。

何かのビジネスをしている老人でなければ、年金生活に入っている。金融資産が沢山ある人は経済面での心配はないが、普通のシニアはそれほど余裕が無いはずだ。働いていない事から来る金銭的な不安、老化から来る肉体的な衰え、刺激が無い「毎日が日曜日」の生活で自分が小さく萎んで行くように感じ始める。

老人は弱者になる。介護の世話になった時点であなたは「社会の弱者」であるラベルが張られる。それを今自覚しているか、していないかで将来の生き方で違いが出る。

自分が弱者になる事を自覚して自分なりの対策を実施する

60歳代のシニアは、70歳代になった時に一番困ることを想定にしてその対策を今から取るべきだ。既に70歳代のシニアは、今心配している事を絞り込んで出来る対策案を練り、実行する。時間の流れに身を任す生活をするのではなく、時間の流れに出来るだけ抵抗した生活に挑戦するのだ。

例えば、

私がずっとやっている筋トレだ。体全体の筋力は、何もしなければ老いて行くにしたがって衰えて行く。衰えて行く筋力を改善するには、出来るだけ早い時点から筋トレを定期的に行うしかない。楽をしようと思えば、自然に任せる生活を送れば良い。筋力は確実に衰えて行き、最終的に体が思うように動かせなくなる。

老人になると、どのような事が自分を弱者にするのか?これが分かる人は、自分を弱者にする要因を改善する対策を取るべきだ。それが、挑戦になる。苦労はするが、その苦労に耐えられるだけの力が湧いてくる。楽をする人は、衰えてエネルギーを消費するだけだ。

60歳代の生活と70歳代では確実に生活が変わる。

私が想定する生活の変化

  1. 筋力の衰えが顕著になる。特に足の力が衰えて行く。楽をする歩き方になる。
  2. 免疫力の衰えから体調の不調を訴え始めたり、病気になったりする。
  3. 今まで出来た事が出来なくなる事を多く感じ始める。
  4. 体を動かすことが少なくなり、食欲も減退する。体が徐々に枯れて行く
  5. 仕事以外の事に没頭する生き甲斐を見つける努力をやめる。新しい事に挑戦する気力が失せ始める

 

健康な体を維持することに挑戦しないと70歳以降の人生は、体調不調で楽しめない人生になる。体が人生の資本だ。どんなに経済的に裕福であっても健康でなければ余生を楽しめない。

老人は、自分の体を楽にする生活をすると返って健康寿命を短くする。

駅やデパートのエスカレーターに乗るのではなく、階段を使う。ちょっとした距離(3キロぐらい)ならば、自動車で行かずに歩いて行く。電車やバスの席に座らないで立つことを選ぶ。自分の体を楽にすることは沢山身の回りにある。出来るだけ自分の体を動かし続ける選択をする。苦痛が伴うが、弱者になる事に抵抗できる。

弱者になる要因を一つずつ抵抗して改善して行く努力をすれば、老いて行く自分を遅らせる事が出来る。私は、20歳代、30歳代の若者以上に筋力がある。フリーのバーベルで83キロを7回3セット上げられる。持久力はないが、パワーはある。私なりの弱者になる事への抵抗だ。

この記事「老人は皆弱者になるが、それをバネにして挑戦する老人は強くなる」のポイントは、

  • 70歳を境に肉体的にも精神的にも老いを強く感じ始める。
  • 働いていない事から来る金銭的な不安、老化から来る肉体的な衰え、刺激が無い「毎日が日曜日」の生活で自分が小さく萎んで行くように感じ始める。
  • 老人は、自分の体を楽にする生活をすると返って健康寿命を短くする。