63歳シニアが身に付けたい生活習慣

定年退職後の生活習慣は、健康寿命に影響してくる。通勤生活を送っていれば、、自然に午前9時から午後5時の仕事習慣で生活のリズムが出来上がっている。仕事を離れた生活に入ると自分で生活習慣を作らなければならない。自分で作る生活習慣が、健康を害する習慣であると短命に終わる。

65歳まで働けるにしても65歳以降同じ問題に直面する。遅かれ早かれ、自分で自分の生活習慣を作り出さねばならない。どんな生活習慣を身に付ければ良いのだろうか。

食生活と運動

今日のランチにファミリーマートでサラダチキンを買ってイートインで食べていた。隣にいた20歳代のどこかの女性社員のランチを見たら、野菜ドリンクとお菓子のボッキーだけだった。お菓子を食べながらスマホで遊んでいた。シニアの目からしても異常だ。

ダイエット目的なのだろうか。栄養バランスなんて頭に無いようだ。

私のランチは、サラダチキン、スパゲッティ、野菜サラダ、コンソメスープである。筋トレ運動を行った後であるので蛋白質の肉を食べる事を意識した。サラダチキンは胸肉であるので余分な脂肪がない。美味しくタンパク質を多くとれる。シニアの体は、意識してたんぱく質を多くとる食事をする必要がある。長寿の老人が共通して話していることは、食事にタンパク質の多い肉をたくさん食べているという事だ。

健全な食生活(タンパク質を多くとる栄養バランスを考えた3度の食事)

私は、朝、昼、夕の3度の食事を取っている。間食はあまりしないというか、ほとんどない。家内も意識して栄養バランスがとれた食事を作ってくれている。夕食には、少し多めの肉料理が出る。ご飯は、お代わりをしない。緑黄色野菜のおかずが数品あり、時々、ビールがコップ一杯出る。

今考えているのは、朝と昼にタンパク質を多く取る食事にする事だ。

老いてくると知らないうちに使っていない筋肉を失い始める。一度筋肉を失うと時間をかけて筋肉を作る材料を意識して体の取り入れて筋トレをする必要がある。タンパク質が多い肉類を日常生活の食卓に多く入れないと運動しても筋肉が体に生成されないためだ。

多くのシニアが言う事だが、老いてくると和食に食が移る。魚類からタンパク質を多く取っていれば良いが、野菜中心になる。活発に体を動かす活動が少なくなっているため、自然と素食になりがちだ。毎日通勤で体力を使う生活の時は、多くのエネルギーを取るために肉類を取る食事が多かったはずだ。

老後の生活は、体力を要求する生活でないので自然と新陳代謝が落ちてくる。新陳代謝が落ちてくると消費カロリーも落ちてくる。消費カロリーが落ちてくると食欲が湧かなくなり少食になる。少食になると体が細く枯れてくる。悪循環が起きるのだ。

老人は意識して肉類や魚類を多くとる食事をしなければ体が弱体化する。

体の筋肉を刺激しない生活は老化を早める!

老後も仕事をしているシニアは、活動の中で筋肉が刺激され現状の体力を維持される。これと言った仕事や活動がないシニアは、自宅で体を動かさない生活になる。意識して定期的な運動をしない限り筋肉は使われない。使われない筋肉は、体がその環境に適応する。必要ない筋肉はどんどん落とされていく。

体から筋肉が失われて行くとあるポイントで体を動かす上で支障が出始める。疲れやすい、遠くまで歩けない、息が切れやすい、姿勢が悪くなるなど。

シニアの老後は、健康維持をどの様に対応するかだ。

老いてくるのは当たり前だが、体を活発に毎日動かしているシニアほど若々しい。若さは、体の動きから分かる。自分の体を自由に動かせる筋力があるか、無いかでその老人の生命力が想像できる。一度筋力を失うと老人はその筋肉を回復するのに長い時間と苦労が伴うからだ。

老後生活に入るシニアは、楽したい体に鞭打って体の筋肉を鍛える運動習慣を身に付ける必要がある。普通の生活がいつまでも出来る体力を保つために定期的な運動をする習慣が必要だ。

栄養バランスが良い食生活と定期的な運動は、相互依存している。定期的な運動を行えば、食欲が出てくる。食欲が出れば、栄養バランスが良い食べ物で生命エネルギーが体に入りやすくなる。

体を動かさない生活は楽だが、それが当たり前になると自分の体を自分で動かせない体にしてしまう。

この記事「63歳シニアが身に付けたい生活習慣」のポイントは、

  • 老後の関心事は、健康だ。普通の生活が出来るだけ長く維持できる体を求めている老人が多い。75歳ぐらいになると体が弱弱しくなり始める。その理由は、体から筋肉が失われて行っているからだ。
  • 老後の生活を楽しむには、健康な体を作るための材料(栄養バランスが良い食事)と筋肉を維持、成長させる定期的な運動が必須だ。