駅の階段を使うシニアやダイエット中の女性が多くなってきた!

 上りも下りもエスカレーターと階段が用意されている。朝の出勤時も夜の帰宅時も多くの人がエスカレーターと階段を使っている。

エスカレーターを利用する人が多い。上りのエスカレータには、いつも列が出来上がっている。横には、上りの階段があるのにだ。

健康を意識しているシニアとダイエットを気にしている女性にぴったしの階段昇降

階段を利用している人たちを観察した。私は相鉄線を利用している。横浜駅にある相鉄線のり口(列車に乗車する階)は2階にある。いつもと言うよりは、ほとんど、階段を利用している。足の筋肉を刺激するために階段を使っている。60歳から足や体の筋肉が急激に減少すると言うからだ。

筋肉は、使わないと(意識して刺激しないと)衰えてきてしまう。筋肉細胞は、大体100日で入れ替わる。筋肉を使っていないと筋肉細胞が減少する。筋肉が少なくなると新陳代謝が落ちる。免疫力も衰える。歩く距離が短くなる。疲れやすくなる。健康という視点で良くない事が増えてくる。

体の大きな筋肉から筋肉の量が減少してくる。上半身の筋肉は、広背筋。下半身は、大腿四頭筋である。 広背筋を維持するには、懸垂が良い。大腿四頭筋はスクワット運動になる。階段の上り下りは、スクワット運動をする代わりになる。自分の体重を支えるために足の筋肉を使うからだ。

私みたいなシニアは、健康を意識して階段を活用する。時々、階段を二段上りしているシニアを見かける。

ダイエットを気にしている若い女性や中年女性も階段を積極的に活用している。週1回ジムに通ってランニングマシンの上で走るよりも毎日駅の階段の昇降をした方が消費カロリーが多いと言われる。筋肉は、毎日刺激した方が良い。

但し、継続しないと意味がない。その意味で通勤で使う駅の階段を利用すると知らず知らずのうちに足の筋肉が鍛えられる。高いトレーニング料金を払って通うジムは続かない人が多い。お金を無駄にするジム通いよりも無料で鍛えられる階段昇降のほうが断然良い。