NEC Aterm MR04LN LTEモバイルルータで安くインターネットを使う

 mobile router

カフェでインターネットにアクセスして仕事をしている。シニアノマドのエンジニアである。現在、WiMax2+という公衆無線LANサービスを使っているが、コストパフォーマンスが悪い。月額、3910円で場所によって電波が届かない不便さを体験している。2年縛りの契約であるがため、2年目になるまで他の機器に変えられない。

NEC Aterm MR04LN LTEモバイルルータを使うとSIMロックフリーで安い通信が出来る

Zenfone 2 Lazer SIMフリーをタブレット端末として使うと便利

私は、まだ、スマートフォンを所有していない。音声通話端末は、ガラケーの携帯電話だ。仕事柄いつもノートパソコンを持ち歩いているためすぐにインターネットの情報にアクセスできない不便さを感じている。最近、Zenfone 2 Lazer SIMフリーがASUSから販売された。

SIMフリーのスマートフォンであるが、データ通信のタブレット端末としても使える。価格が3万円弱。重さが147グラム。5インチサイズ。バッテリーは10時間ぐらい持つ。

zenfone2laser

私は、Zenfone 2 Lazer SIMフリーをタブレット端末として購入するつもりだ。色々なメリットがある。 

Zenfone 2 Lazer SIMフリーをタブレット端末として使うメリット

シニアの身体は動かさないと硬く固まり始める

63歳の身体は、知らないうちに硬くなっているのに気が付く。歩いていても何かぎこちない。足の関節、腕の関節、肩の関節、色々な関節の部分で柔軟性を失っている感じだ。

自分の体の柔軟性をテストして見て頂きたい。

体の前屈である。膝を曲げないでまっすぐ立つ。その姿勢で手の平が床に着くかどうかをチェックしてみる。背中から腰、お尻、太ももの裏側の柔軟性が分かる。

老人が歩く姿は何かぎこちない!

シニアは自分の活動場所を決め人生を楽しむ

私の知人は自分の時間を上手く使っている。趣味とボランティア活動を組み合わせて暇に苦しまないで時間を楽しむ仕組みを作り出した。彼の趣味は、山登りとサイクリングだ。それに、お酒。NPO団体に所属して新規にビジネスをグループで起こしている。既に年金生活を送っているが、経済的に困っている感じはない。

彼の活動場所は、自宅であるが定期的に山登りやサイクリング、そして、NPO団体での仕事をこなしている。奥さんは働いて自宅にいないので自宅を活動の場所にしてもガミガミ言われないようだ。

自分の趣味が3つぐらいあれば、趣味だけを追求して余生を楽しめる。それに、社会貢献という大義名分でボランティア活動をすれば、気持ち的に清々しくなる。自分で老後の生活パターンを組み立てられるシニアは、クリエイティブな人が多い。彼は、楽しい事を求めて新しい事をやっている。

自分の居場所を決めてそこから活動を起こす!

定年退職後の再就職を成功させるには考え方をこう変えることだ!

私の知人が定年退職をして半年が過ぎた。未だに再就職先が決まっていない。経歴は、すこぶる良い。大手企業で海外子会社の社長をしていた。日本に帰ってきて海外での仕事よりも国内の仕事を求めている。普通の視点であれば、すぐにでも再就職先が決まってもおかしくない経歴なのだが、未だに手こずっている。

彼に直接助言はしていない。余計なお世話と言われるからだ。自分に自信がある人は、自分でGive-upしなければ、他人の助言に耳を傾けない。自分自身を振り返ってみればそれが分かる。問題は、60歳を過ぎると社会の見方が180度変わるということだ。過去の経歴は参考になるが、会社のニーズと彼のニーズがマッチングしていない。

彼は、現実のミスマッチに気がついて別の考え方で再就職を模索すべきだろう。 

60歳からの再就職は65歳以降の仕事を考えてから方向を決める!

街中をよろよろ歩いている老人の姿は将来の自分だ!

今63歳の私は20年後には83歳になる。83歳の私の姿は、街中で目にしている80歳代の老人と類似しているだろう。80歳代の老人にしても個人差が大きい。杖をついてよろよろと歩いている老人。力強く大幅で元気よく歩いている老人。背中を丸くして枯れている木のように歩いている老人。歳を取れば取るほど老人の姿の違いが極端になる。

63歳の私が求める理想像は、足腰がしっかりして姿勢がよく筋肉が体に出ている姿だ。80歳代になっても筋肉の鎧で体を維持している姿だ。

ただ、一つだけどうにもならないことがある。 

緑内障による視野の欠損だ。63歳の時点で右目上半分の視野を失っている。その上、左目の右上隅も失い始めている。後、20年すれば私の視野はもっと悪くなることは確かだ。43歳の時の視野は、緑内障になっているという自覚があるか、ないかぐらいの視野欠損であった。20年後は、視野欠損がだいぶ進んでいることに気がつく。

20年後にどれだけ緑内障を改善する治療方法が生まれていくるかだ。これに頼るしかないのだが、年齢が年齢だ。80歳過ぎの老人に何を期待できるだろうか。私が今できることは、鍛えれば鍛えるほどその期待に答えてくれる体の筋肉だ。

筋肉を鍛えると体全体の健康も改善してくれるメリットが有る!実感済みだ!

シニアの夏バテを防ぐには

この2日間、エアコンをつけて寝ている。熱帯夜が続いていて熟睡ができなかったからだ。湿度が高いと寝難い。エアコンは、使い方によって睡眠を快適にする。寝室にはエアコンを設置していない。寝室から離れた(15メートルぐらい)別の部屋にあるエアコンをオンにしてマンションの部屋全体にエアコンが徐々に届くようにしている。

間接的にマンション全体の部屋の湿度と温度を下げるためだ。これをやると冷房病に成り難い。湿度が高いだけで不快感が増す。いつもならば、窓を開いておくだけで風が入ってきて涼しいのだが、風がない時に困ってしまう。

夏バテは、睡眠不足から起きるのではないかと思っている。

夏バテを防ぐには睡眠の確保、日中の水分補給、そして、お腹の調子を良くする食べ物!

お風呂に入る前に自分の肉体を鏡に映して健康チェック

お風呂場には、体重計がある。毎朝と夜に体重計に乗る。体重の変化に気をつけている。私は、63歳、身長179cm、体重75~76kgである。体重は、朝75kg、夜76kgと変化する。急激な体重の変化は、なにか原因があるので注意している。2泊3日ぐらいの夫婦旅行に行くと必ず体重が2kgぐらい増える。旅先で美味しい料理を食べすぎるからだ。3日後には、元の体重に戻る。

私は、お風呂に入る前に洗面所の前で裸の肉体をチェックしている。

汗が出やすい季節になると皮膚に癜風という症状が出てくる。私の場合は、脱色素斑(白色癜風)の症状が出てくる。

癜風(でんぷう、英: Tinea versicolor)は、表皮に発症する真菌感染症。

細かい鱗屑が付着する淡褐色斑(黒色癜風)あるいは脱色素斑(白色癜風)ができる。好発部位は背部、胸部、頸部、上腕、腋窩などで、春から夏にかけて発症および悪化しやすく、痒みは伴わないことが多い。ありふれた日和見感染の一つであるが気づかない人が多く、一般的に認知されていない。(引用先:ウィキペディア

皮膚が弱い家系のためか癜風菌にやられやすい!

シニアの居場所・休憩場所:横浜駅周辺、そごう横浜、ビブレ

横浜周辺で仕事をしている私は、ランチ後に眠くなるため仮眠場所を見つけている。60歳を過ぎると何故か食後1、2時間後に無性に眠くなる。無理やり起きていることも出来るが、仕事の効率が悪くなるのが分かる。目を使うインターネットの仕事は、目と脳を疲れさせる。午後、15分でも仮眠すると目と脳がスッキリする。

スタバの店内で仮眠しても良いのだが、どうも、いびきをかいてしまうらしい。できるだけ、仮眠は迷惑にならない場所でしようと心がけている。横浜駅周辺でゆっくりと他人を気にせずに休める場所を紹介したい。restroom

どの商業施設でもトイレ近くに休憩場所がある!

朝の通勤電車の中、地味な色彩と服装の中高年とシニア女性が多い

先ほど相鉄電車から降りて横浜駅近くのスタバに着いた。頭の中には、若い女性の服装がさわやかであったことが余韻として残っている。若さは美貌であるが、その美貌をもっと魅力的にする服装と色彩がある。63歳のシニアでもそれを感じる。世の中には色々な印象を与えてくれる女性がいる。どんなに顔や容貌が奇麗でも心に残らない女性がいる。美人でなくても何故か印象強く記憶に残る女性もいる。

若い女性はファッションに敏感だ。中高年やシニア女性もファッションに敏感であると思うのだが、日本の女性は老いて来ると何故か地味な色彩や服装になる。 私はそれが残念でならない。

大学生時代を米国の州立大学で過ごした。週末には、キャンパスの周辺にある浜辺まで散歩する。浜辺に出る途中で素敵な住居を何軒も見つける。引退生活に入っている老夫婦たちがお庭の掃除や花壇に咲いた花の世話をしている。花壇に咲いた花の色に調和するような目立つ色彩の服装が印象に残っている。日本ではちょっと見かけない。

米国人は原色好きだ。自分たちを若く見せるために目立つ色の服装を着る。それが自然の色にうまく調和しているのに驚く。

中高年やシニア女性はもっと目立つ色彩の服装を上手く着こなして!