Chromebit CS10 Stick PCの購入評価:事前に知っておくと助かる

chromebit 1

2016年1月5日に自宅まで届く予定のChromebit CS10 Stick PCが本日米国のアマゾンから届いた。Chromebit CS10 Stick PCは日本で一般向けに販売されるのが1月18日頃。一足先に安価に手に入れるため、米国アマゾンで購入した。

今日は、試運転で東芝のレグザ20インチテレビに繋げてみた。色々なことを発見した。

Bluetoothのマウスとキーボードは問題を起こす!

chromebit 3

chrombit 4

HDMI端子があるテレビにChromebit CS10をさしてACアダプターをコンセントに差し込むと電源スイッチがONになる。本体製品に電源スイッチがないので。

最初の画面は、マウスとキーボードの接続を促す画面になりChromebit CS10はBluetoothのマウスとキーボードを自動的に捜す。事前に有線のキーボーとか、マウスが本体のUSBに接続してある場合は、接続されていないどちらかを探し続ける。

私の場合は、バッファロー製BluetoothキーボードとElecome製Bluetoothマウスを使って本体との接続をした。本体との接続は、Bluetoothキーボートとマウスで接続開始手続きをすれば自動的に繋がる。

ここまではスムーズに行った。

問題(1)Bliuetoothマウスの電源を切った(CS10とのつながりをマウス側で切った場合)

再度電源をマウス側で入れてもBluetooth接続が出来ない

これを元に戻すには、有線のマウスをCS10のUSBに接続してマウスを使えるようにする。そして、設定画面でBluetoothのマウスの再接続を行うしかない。

または、

Bluetoothマウスの電源を入れたままにしておく。当然、電磁が切れたら、有線のマウスを使って設定画面で再接続をすることになる。

同様なことがBluetoothキーボードでも言える。有線のキーボードを用意して設定画面で再接続をする事になる。

問題(2)Chromebit CS10のACアダプターをコンセントから外し、マウスもキーボードも電源を切る

この状態で想定していたことは、ACアダプターを電源に差し込めば、また、最初の初期設定画面(Bluetoothキーボードとマウスの接続作業)が始まると思っていたらその作業画面が表示されない。そのため、BluetoothキーボードもマウスもCS10に再接続できなくなる。

さらに、ユーザーログインの画面になりログインパスワードを聞いてくる。キーボードとマウスがないとこのログイン作業が出来ない。

問題(1)の場合と同じように有線のキーボードとマウスをつかってログインを行って設定画面でBluetoothキーボードとマウスの再接続をするしかない。

結論として、 

快適にChromebit CS10 Stick PCを使うには、Bluetooth接続をしないキーボードとマウスを使う事だ。お手元に有線のキーボードやマウスがあるならば、USBハブ(ELECOM USBハブ USB2.0対応 バスパワー 3ポート 直挿し)を購入して有線のキーボードとマウスを再利用する。

または、もっと快適にワイヤレスにしたいならば、Logicool ロジクール ワイヤレス タッチキーボード K400pBK

k400plus

タッチパッド付きのワイヤレスキーボードである。Unifiyingレシーバー(Wireless)をChromebit CS10にあるUSBに差し込めば問題ない。Bluetooth接続でないためどちらの電源が切れても電源をONにするだけですぐに接続される。4500円ぐらいで買える。 

Chromebit CS10は、大画面でホームページを検索して文字情報を読むという用途よりも画像、音楽(YouTube)、動画を楽しむ用途の方が投資対効果が高い。普通の簡易パソコンとしても使えるが、大画面の液晶テレビであると表示される文字がどうしても小さくなり近くによって読むという不便さが生まれる。

東芝のレグザ20インチテレビでさえもウエブで表示された文字が小さい。ただ、Chrome OSで文字フォントのサイズをカスタマイズして(サイズ20を最低に設定するとちょうど良い)ウエブを表示させることで多少は見える文字サイズになる。

小さい液晶テレビ(机の上に置いて使う)をインターネット端末化したいならば、打って付けの製品であると思う。たった、2万円以下で買える製品はないので。Stick PCであるので持ち運びも便利である。 

取り敢えず、

私は、東芝のレグザ20インチテレビにChromebit CS10を常時接続し、電源をONにして、テレビのリモコンでHDMI接続を選べば直ぐにインターネットが使えるようにしている。 

YouTubeをすぐに見たい時など凄く便利だからだ。

 

(追記1 2016年1月11日)

Chromebit CS10を使い始めて思うことがある。テレビ番組を見ているときよりも目が疲れる感じがする。テレビとHDMI表示のパソコン画面では何かが違うのだろうか。ちらつきが問題なのかは分からない。

いつも、Gmailのウエブ画面で朝来たメールを確認している。時々、YouTubeを見ている。Googleドライブのドキュメントやスプレッドシートなどのアプリは使っていない。リビングに設置してある場所からしてそのような使い方が出来ないからだ。

Chromebit CS10をデスクトップパソコンとして使うならば、仕事用途でも使える。

(追記2 2016年1月25日)

Chromebit CS10に電源を入れてテレビに繋げ続けるとある時点でシステムが落ちているという現象の何度も経験した。時々、HMDIモードにしてChromebit CS10を起動させるのだが、あまりにも使っていないとシステムが落ちていてテレビの画面が真っ暗。

電源ブラグを抜いてリセットするとまた生き返る。これは、StickPCにメモリーのゴミが溜まって起動できなくなってしまうためなのでは?と推測している。

Chromebit CS10を使っていない場合は、電源ブラグを抜いておくことをお勧めする。