シニアが持っているノートブックパソコンを1万円以内で高速化できる方法

me too

今使っているノートブックパソコンを高速化したいと思っているのは私だけだろうか。もし、あなたがノートブックPCの筐体をドライバーで開いてHDDを交換できるならば、簡単に今お持ちのノートブックパソコンを高速化できる。

試しに、古いノートパソコンで実験してから今使っているノートブックパソコンに適用すれば安心だ。

HDDをSSDに交換すれば体感スピードが驚くほど速くなる!

HDDは、CPUのスピード処理に追いついていけない。そのため、CPUのデータ処理はHDDからデータを取り出すまで待たされている。この状態が体感スピードとして遅いと感じさせるのだ。どんなノートブックパソコンでも搭載されているHDDをSSDに取り替えるだけで驚くほどの体感スピードを改善できる。

私は、現在使っているThinkPad X240のHDDをSamsung SSD EVO 840 250G(3年保証)に取り替えた。スマホのように直ぐに使えるようになる。

ssd 5years R
Samsung SSD 250GB 850 EVO ベーシックキット V-NAND搭載 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E250B/IT

HDDからSSDに換装してからもう2年以上が経過した。アマゾンで購入したときの価格が、1万7,000円前後であった。容量は、250G。2016/04/11現在のアマゾンの価格は、9,897円である。2年も立つとこんなに価格が下がる。製品も840EVOから850EVOになり3年保証から5年保証に変わっている。

この製品に付属するHDD丸ごとSSDにコピーする専用データ移行ソフトウェア「Samsung Data Migration日本語版」は、便利なカスタムクローニング機能を搭載している。このソフトを先にHDDにインストールしてSSDにHDDにある物全てをコピーさせてしまう。

コピーが完了すれば、あとはHDDをSSDに取り替えて完了する。問題は、ノートパソコンの筐体をドライバーで開いてHDDの交換が自分で出来るかどうかだ。この問題がないならば、今すぐにでもHDDからSSDに取り替えた方が良い。

初めてノートパソコンの筐体をドライバーで開いてHDDを取り出し、SSDに取り替えるのは一寸勇気がいる。もし、失敗して使えるノートパソコンを駄目にしてまわないだろうかと。そこで、練習目的で古いノートパソコンを使ってこの作業を試してみるのが良い。一度経験すれば、2度目は安心して出来るはずだからだ。

もし、どうしても出来ない、自信が無いならばその作業を代行していくれる業者に御願いすれば良い。ウエブで検索すれば沢山出てくるだろう。HDD SSD 換装代行 で検索をしてみると良い。最低料金で1万円ぐらいはかかるかもしれない。SSD製品の購入価格になってしまうが。

自分で出来れば、その料金分だけ得をする。 

古いノートパソコンはメインメモリーを増やすよりもHDDをSSDに取り替えた方が体感スピードを断然速くする。もし、メインメモリーが増やせるパソコンであるならば最大限に増やした方が良い。

機械を触ったり、分解したりすることが好きなシニアであれば、古いパソコンを材料にして試してみればと思う。