子供が巣立った後の老人夫婦の生活で何が変わったか?

子供が二人大人になって独立をした。自宅には、子供が使っていた2部屋が空いた。夕食は、夫婦二人になった。いつも騒がしい次男が一人で生活をし始めたら、家の中がシ~ンとなっていた。会話がいつも夫婦二人の会話になった。子供が巣立つとこうなるんだと。

隣人の夫婦も私たち同様に子供が巣立って行った。家内経由で話を聞くと会話がないという。長年一緒に生活をしてきた夫婦であるためか、会話らしい会話が生まれてこないという。 

子供が巣立って経済的に楽になった!

我が家の公共料金(水道、ガス、電気代)が3分の1ぐらいコストが下がった。朝、子供たちはシャワーでガスと水を使う。夜は、遅くまで電灯を付けて電気代を上げている。この2つの要素がなくなったら、公共料金が3分の1下がったのだ。ああ、そうだ。洗濯をする水と電気代も減った。家内の労働も激変した。洗濯をする回数が減り、アイロンがけも少なくなった。

子供たちが巣立つ前は、家の中のどこかで物音がしていた。今は、静かだ。

子供が居ない生活は、老後生活の標準スタイルだ。新婚時代に戻った感じだが、歳を取った。二人で週末に外出しても子供たちの夕食の準備を気にする必要も無いと家内は言う。生活の中心が老夫婦に戻った。子供が生まれて独立するまで子供中心の生活がずっと続いていた。

私の仕事柄、時間に束縛されることがないので平日でも好きな時にランチ外食でドライブに出かける。週末はいつも人で混むレストランでも平日はすいている。子供に束縛されない時間を持つ喜びが老後の生活を豊かにする。・・・と言っても新しい老後の生活スタイルを自分たちで作り出さねばならないが

子供が独立しても自宅にはまだ子供の物が残っている。子供が結婚して完全に独立しなければ、自宅から子供の物は無くならないかもしれない。ちょっとづつ、子供の物を整理し始める。住宅もリフォームをする時期に来ているからだ。年内にプチリフォームをする計画がある。

リフォームは面倒な作業だ。不便な生活を2,3週間続けることになる。

子供の部屋は、私の書斎になったがまだ書斎として活用していない。子供の物が邪魔で書斎の部屋として自分好みにできないからだ。

家内は、子供の世話から完全に開放された。自分の趣味に没頭できる日々が続いている。井戸端会議も頻繁にあり、ピアノの勉強や練習で忙しいようだ。私たち夫婦は、子供が独立して生活のリズムが極端に変わっていない。変わったのは、子供に使っていた時間が自分たちの時間に戻ったということだ。

子供が大きくなると家族で一緒に行動することが少なくなる、または、なくなる。時々、家族で外食するぐらいだ。

 

こちらもお読み下さい!