デパートの出入り口近くを歩く老人に気をつけろ!

横浜駅東口にあるそごうデパートの入り口は、多くの人が出入りする。出入り口フロアーがケーキなどの食品フォロアーであるためか出入りするお客が多い。入り口から50m先には、複数のエスカレーターがある。そこまで辿り着くあ間に人混みをかき分けて歩くことになる。

デパートは、老人の憩いの場である。

毎日デパートに行って暇をつぶしている老人たちが多い。元気な老人が多いのだが、時々、危ない老人を目にする。

歩くのが遅い老人に気をつけろ!

歩くのが遅い老人は、足腰の筋肉とバランス感覚が衰えている。ちょっとした衝突で地面に転倒してしまう危険性が非常に高い。

足の弱い老人の状況を知らない人が普通の人にぶつかるような、体に触れるような事で運が悪ければ、足の弱い老人は転んでしまう。老人が転ぶと高い確率で怪我をする

デパートの出入り口は、多くの買い物客が足早に歩いている。一寸テンポが違う歩き方をしている老人に対し上手くぶつからないで歩くならば問題はない。注意を怠ると老人に触れてバランスを崩し、転倒する。

75歳の知人の老人が歩いているときに躓き顔にケガをした。前かがみで転倒したのだが、両手で自分の体重を支えきれなかったためそのまま地面に顔をぶつけてしまったのだ。普通の大人ならば、転倒してもケガをするようなことにはならない。腕の力で防げるからだ。

普通に歩けない老人は転倒したらケガをするというリスクをいつも抱えている。

デパートを憩いの場にしている老人たちが多いので機敏な歩き方をしていない老人を見つけたら直ぐにその老人を遠回しにして迂回する私である。急いで歩いているときは、歩きが遅い老人に近寄るな!できるだけ、老人から距離を置いて歩く。それが、事故から身を守る鉄則だと私は考えている。

足腰の筋力が弱まった老人は、誰かがちょっと寄り掛かっただけで転んでしまう!普通の人ならば、転んでも怪我はしない。老人は怪我をする。運が悪ければ、骨折する。骨折をすると長い間介護ベッド生活が続く。足のリハビリがうまくいかなければ、二度と自分の足で歩けなくなる。そのあとは、棺桶に直行することになる

老人が歩けなくなりベッド生活を始め、足のリハビリが上手くいかないと運動不足になり体力が落ちてくる。当然、食欲も少なくなり、ますます体力が衰える。この先に起きることは、体が衰弱して時間の問題で死を迎える。

そんなリスクを抱えている老人がデパートのいる口近くを歩いているのだ。転んで骨折しただけで元の生活に戻れなくなる。

歩くのが遅い老人を見かけたら出来るだけ近くを通らないで避けることだ!