老人:体の健康格差

天気が良い今日は、老人たちを多く見かける。家内と一緒にランチドライブに出かけた。道脇を歩く老人たちを何人も見かけた。杖を使って歩いているおばさん、よろよろと歩いているおじいさん、道を斜めに渡り歩いているシニア。

弱々しい姿を老人に見る一方で、元気にランニングをしている高齢者も多く見かけた。左腕にスマホケースをつけて力強く走っている。足を見れば鍛えられた筋肉が見える。

体の格差は、老人に顕著に出てくる。

体を鍛えている老人と何もしていない高齢者では健康面での格差が広がる

お金持ちと貧乏な老人で健康面での相関関係はないと思える。私の知人には、お金持ちと貧乏な老人がいるが健康という面では個人差が有りすぎるからだ。人の寿命が違うように健康も違うのだが、体を鍛え続けている老人は、杖をついて歩くような体になっていない。背筋も曲がっていない。歩くスピードも早い。体の動きも機敏性がある。

貧乏な老人は、自分の足を使って買い物に行く。近くのスーパーまで数キロあっても自動車で行かない、行けない。自分の足を使うしかない。脚力は自然とついてきている。

裕福な老人は、直ぐに自動車でスーパーに買い出しに行く。足を使うのはスーパー内だけだ。足を使わない生活が簡単に出来てしまう。老人の足は、使わなければ使わないだけ衰える。一度衰えるとその筋力を回復するための苦痛と時間が発生する。強い意識がないと脚力はどんどん弱っていく。

体を積極的に動かす生活習慣がある老人ならば、裕福であろうが、貧乏であろうがそれから生まれる悪影響は少ない。老人の健康格差は、衰えて行く体力を意識して運動する生活習慣を作れるかどうかで生まれてくる。楽をする老人は、積極的に体を鍛えない。健康への意識が弱いからだ。運動習慣が身についていないため、直ぐに楽な生活になってしまう。

その結果が、自分の足に出る。歩くことが不自由に成り、外出時には杖が必要になる。筋力がないために体のバランスが取れにくい。歩き方が弱々しくなり、自由に行きたい場所に歩いていけなくなる。

毎日健康を意識してウォーキングやランニングの運動習慣を身に付けようとしている老人は、歩く上で何も支障がない。年齢が80歳を越えても歩くスピードが早く、力強い歩き方をしている。ランニング習慣がある老人ならば、機敏な歩き方が出来る。

こんな健康格差は、お金では解決できない。

全ては、自分の健康への意識の問題であると思っている。体を鍛える生活習慣を身に付けるには、日常的に体を使い、意識して歩いたり、走ったり、スポーツセンターで筋トレをしたりする運動をするしかない。定期的に行うのは、面倒で苦痛かもしれないが楽をする生活は老人の健康にとってマイナスになる。

自動車を使わないで歩いて行くとか、エスカレターを使わないで階段を使うとか、ちょっとした意識で体を活発に使う運動がすぐに出来るようになる。老後の生活を楽しむには、健康な体が必須だ。特に、脚力は重要だ。

杖を使って弱々しく歩く老人の姿は、明日のあなたかもしれない。今からでも遅くない。意識して体を動かす運動を心がけて欲しい。