シニアになって良かった事

高齢者になると悪い事ばかりが目に付く。髪の毛が白くなる。はげになる。肌が汚くなる。今まで出来た事が出来なくなる。歩く事が辛くなる。体力が落ちてくる。食が細くなる。体が枯れてくるなどなど。書く事が有り過ぎるほど多い。

だけども、

シニアになってから良い事も生まれる。

シニアでしか得られない良い事

(1)働かなくてもお金が入ってくる国民年金がもらえる。元会社員ならば厚生年金や企業年金なども加算される。若い頃に積み立てをしたお金が利子をつけ戻ってくる年金がもらえる。

年金は、長く生き続ければ続けるほどもらえるお金が累積額で大きくなる。長生きをするシニアほどメリットが多い。年金だけでは生活が出来ないという人がいるが、何ももらえないよりはましである。

60歳から70歳まで働けるならば、年金をもらいながらお金を稼ぎ、貯める事で生活を良くする事が出来る。

(2)誰かに監視されているストレスからおさらばできる。会社勤めをしていると上司、先輩、同僚などの目を気にする。気を緩める暇がない環境で働く事になる。会社を定年退職するとそんなストレスから逃げられる。累積していた精神的なストレスの原因から逃れる事が出来る。

51歳の時に独立した私も会社員時代の変なストレスから逃れる事が出来た。自分で起こしたビジネスをして受けるストレスは自然なストレスであるので精神的に納得がいく。そのため、自然なストレスが自然な形で消化される。

ただ、

ストレスが急になくなると逆のストレスが生まれてくることに注意。暇というストレスだ。自発的に何かに没頭するものを生活のリズムに取り入れないと暇というストレスが生まれる。

(3)シーズンオフに格安旅行が出来る。私たち夫婦は、5月の連休明けに生まれるシーズンオフを使って割安にドライブ旅行を楽しんでいる。ドライブ旅行でお金がかかるのはホテルだ。今回、愛知県の犬山城見学に出かけた。犬山市には選択できるホテルや旅館があまりないため、小牧市まで予算に合うホテルを探した。

小牧市から犬山城まで自動車で20分ぐらいであるので宿泊する場所としては問題ないと判断し、割安のホテルを探した。シーズンオフであるので価格は全般的に安くなっていた。最近、リニューアルされた名鉄小牧ホテルで日曜特別宿泊プランがあった。一人1泊5400円で朝食付き(ツインベッド)というプランだ。二人で1万800円。かなり安い。

ローカル都市のホテルであるためか、朝食はバイキングで宿泊客も少ないためゆったりと食事が出来た。

(4)通勤ラッシュとおさらば出来る。電車に乗って会社に出勤する必要が無くなったため、通勤ラッシュ時間に電車に乗る必要が無くなった。電車は、いつも、座って目的駅まで行けるようになる。

(5)スーパーのセールス日に朝早く買い物に行ける。目玉商品は朝早くスーパーに出かけないと直ぐに無くなってしまう。会社帰りでスーパーによっても目玉商品は残っていない。出勤時間帯にオープンしてセールスをしているスーパーもあるが、会社まで買った商品を持っていけない。どうしても、帰宅時に立ち寄ることになる。

セール日に目玉商品の買い物ができる。

(6)シニア料金で平日映画鑑賞が出来る。映画はやはり大画面で見るのが良い。自宅で映画を見るよりも映画館で見たほうが楽しめる。一般料金1800円がシニア料金1100円になる。見たい映画が複数あるときは、連続して見てしまう。新しい映画の公開日にシニア料金で楽しめるが良い。公開日の午前中にシニアは見に行ける。時間に余裕があるからだ。

シニアの特権は、自分の時間を自由に使えるという事だ!

与えられた自由になる時間をシニアが上手く使えるか、使えないかで人生の楽しみ方が変わる。