シニアが下着を捨てるタイミング

下着は女性にとっても男性にとっても捨てる時が決まっていない。特にシニアは、いつ、どんな時に下着を捨てようと思うのだろうか。下着は外から見えない肌着だ。色が白から黄色気味になっても着続ける場合が多い。女性の下着と男性の下着では、捨てるタイミングも捨て方も違うらしい。

最近、肌着を捨てた。その判断理由は、脇の部分が変色していたからだ。どんなに洗っても変色した脇の部分が白くならない。ちょっと、これはまずいと感じてすぐに捨てた。夏用の肌着であった。汗を多くかくからなのだろう。

これから夏用の肌着から秋冬用の肌着に変えていく。

肌着とパンツ

肌着は捨てる時期が決めやすい。

  1. 色の変色が目立ち始めた時
  2. 形が崩れてきた時
  3. 破れた時
  4. 嫌な匂いが取れなくなった時
  5. サイズが小さくなった時

私の場合、肌着は白いT-シャツを着ている。コストコで6枚1600円ぐらいのパック肌着(T-シャツ)を大量買いする。米国製であるためシャツが丈夫で厚い。1年から1年半ほど長持ちする。本来ならば、1年に1回肌着は総入れ替えをすべきだろうと私は思っている。

その時期は、1月1日元日だ。

パンツになると捨てる時期がまちまちになる。

  1. パンツのゴムがゆるくなってずれ落ちる状態の時
  2. パンツの綿がほころび始めた時

この2つの状態になった時にパンツは捨てている。綿パンツは、長持ちする。ゴムがしっかりしているといつまでも履いていける。安いパンツを買うとゴムがすぐにダメになる。

最近、無印良品のボックスパンツを買ってみた。オーガニックコットンを使ってガーゼのような肌触りがするパンツだ。女性のお尻を触っているように柔らかく、肌触りが最高だ。

女性の下着は男性と違って捨て方が違うようだ。ショーツパンツは、ハサミで切り裂いてショーツの形を消して捨てるようだ。ブラも同様に形がブラとわからないように切り刻んでいるようだ。これは個人差がある。下着を気にしない女性は、そのままゴミ袋に入れて捨てるらしい。

自分の下着を自分で買うシニアと奥さんに買っていただいているシニアがいる。私は、いつも自分で買っている。好みがあるからだ。息子たちには、母親がトランクスを買い与えている。私は、綿パンツでビキニタイプのものを買っている。

最近、無印良品のボックスパンツを買う時が多い。今まではビキニタイプのパンツを買っていたが、ゴムが弱くなりやすい。そのため、寿命が短い。ボックスパンツは1年以上持つ。パンツは生まれたときの世代でタイプが変わる。私の世代は、ブリーフ世代ではないかと思っている。

海外旅行をする時が、下着を捨てる良いタイミングだ。古い下着を海外で使って、新しい下着を現地調達する、または、持ち込んだ新しい下着にする。私のように体が大きいと海外で販売されている下着のサイズで困ることはない。

米国の夫婦では、男女兼用の下着をお互いに身につけている場合がある。ショーツなんかは、男女兼用だ。男性のブリーフを女性が履いていたりする。

下着は目に触れる機会が少ないので自分で意識して買い替えをしないと恥ずかしい思いをする場合がある。一番困る時は、パンツのゴムが切れた時だ。スカート姿の女性が履いているショーツのゴムが切れたら、どうなるだろうか。歩いている時に足元に落ちてきたショーツパンツ。恥ずかしいを通り越してしまうだろう。

男性の場合は、ズボンがあるからずれ落ちて他人に見られることはないが違和感がある。

外から見えない下着は、万が一を考えて恥ずかしくないものにしておきたい。