雇用されてきたシニアと起業したシニアでは何が違うのか?

65歳になって勤めている会社から雇止めになったシニアは、今、何を感じているだろうか。

65歳になって自分のビジネスを展開しているシニアは、今の状態をどう感じているのだろか。それぞれ違った感じ方をしている事は確かである。私自身は、63歳で自営業をしているので雇用されている人の境遇ではない。65歳と言う年齢は、雇止めを食らったシニアにとって人生の節目になる。

起業している65歳にとっては特別に何も変化はない。今までと同じ仕事を継続するだけだ。人生の節目は起業した時に味わっている。

勇気と挑戦が求められる65歳のシニア男性たち!

会社を辞めて51歳時に起業した時は、勇気がいた。あとは、新世界で自分が挑戦するだけであった。何かのきっかけが無いと独立は出来ない。後ろ向きな精神で新しい世界に入っていけない。未開拓な世界、知らない世界は沢山落とし穴がある。保護されてきた会社組織で歩き回るのとは違う。自分を守るのは自分しかいない。勇気が無いと最初の一歩が出ない。

雇止めされた65歳のシニアの境遇は、私が独立した時の境遇とは少し違っている。自分で進んで新しい世界に入って行っていない事だ。会社側が、「ご苦労様。あとは自由に余生を過ごして下さい!」と言って一方的に縁を切られたのだ。縁を切られる側の心の準備が出来ていないと戸惑いしか残らない。

人材派遣、パート、アルバイトの仕事を探すシニアが多い。会社に雇用されたいという願望が強いからだ。雇用される側の世界にどっぷり漬かってしまった結果、65歳と言う年齢を迎えても自分の人生は自分の手で開拓するという悟りの領域に入れない。

雇用する側と雇用される側で強いのは、雇用する側の人だ。

年寄りが社会で働こうとすると弱者の立場に追いやられる。精神的にも肉体的にも自分にとって都合の悪い労働環境に追いやられる。何か特別なスキルや能力が無いと自分の持ち味を活用できない。大企業の元社員であっても年齢が邪魔をする。

最初の1年以内に自分自身の世界を作りださないと他人が作り出した世界では働けなくなる。65歳、66歳、67歳、68歳、69歳、70歳と歳を食っていくにしたがって他人が作り出した労働環境は消えていく。自分が作り出した労働環境であれば、全て自分次第だ。いつ働くのをやめても自由だ。誰も指図をしない。

この意味合いで65歳のシニア男性は、人生の転機を迎える。

誰もが起業できないが、誰もが起業に挑戦できる。諦めなければチャンスはやってくる。やってくるタイミングだけが違う。家内の友人の旦那が起業した。大手商社に勤め米国の現地法人の社長を長年務めた。会社側からは子会社の社長ポストが用意されていたが、そのオファーを断り独立した。彼は今私と同じように一人で自分がやりたいビジネスをやっている。

今までと同じ雇用される側に居続けると最後は完全に捨てられる。自分で自分を助けるスキルと経験を身に付けないと新しい余生の世界で人生を楽しめなくなる。やりたい事が有るならばできるだけ若い年齢の時に始めるべきだ。人生は一度しかないし、健康寿命も延びている。65歳で引退は早すぎる。認知症になって他界するリスクが高い。

65歳になる前に自分でお金を稼ぐ準備をすることが最善の対策だ。

この記事「雇用されてきたシニアと起業したシニアでは何が違うのか?」のポイントは、

  • 雇用されてきた65歳のシニア男性は、人生の節目に出会う。自分で新しい世界に踏み出す勇気と挑戦が求められる。
  • 起業している65歳にとっては既に人生の節目を通り過ぎている。現状維持でしかない。
  • 今までと同じ雇用される側に居続けると最後は完全に捨てられる。

 


メール