街中をよろよろ歩いている老人の姿は将来の自分だ!

今63歳の私は20年後には83歳になる。83歳の私の姿は、街中で目にしている80歳代の老人と類似しているだろう。80歳代の老人にしても個人差が大きい。杖をついてよろよろと歩いている老人。力強く大幅で元気よく歩いている老人。背中を丸くして枯れている木のように歩いている老人。歳を取れば取るほど老人の姿の違いが極端になる。

63歳の私が求める理想像は、足腰がしっかりして姿勢がよく筋肉が体に出ている姿だ。80歳代になっても筋肉の鎧で体を維持している姿だ。

ただ、一つだけどうにもならないことがある。 

緑内障による視野の欠損だ。63歳の時点で右目上半分の視野を失っている。その上、左目の右上隅も失い始めている。後、20年すれば私の視野はもっと悪くなることは確かだ。43歳の時の視野は、緑内障になっているという自覚があるか、ないかぐらいの視野欠損であった。20年後は、視野欠損がだいぶ進んでいることに気がつく。

20年後にどれだけ緑内障を改善する治療方法が生まれていくるかだ。これに頼るしかないのだが、年齢が年齢だ。80歳過ぎの老人に何を期待できるだろうか。私が今できることは、鍛えれば鍛えるほどその期待に答えてくれる体の筋肉だ。

筋肉を鍛えると体全体の健康も改善してくれるメリットが有る!実感済みだ!

足腰中心に筋肉を鍛えないと今街中で見ているヨロヨロ歩きの老人と同じ状態になる。これは確かだ。これだけは避けたい!これを避けるには、足腰中心の筋トレを続けるしかない。70歳を過ぎると足の筋肉から筋肉を失い始める。何も運動をしていない老人がそうだ。筋肉は使わないと失う。老人の場合は、それが急激に顕著に体に出てくる。

今は大丈夫な筋肉量を維持しているが、足腰の筋肉を鍛え続けていないと自然に筋肉量が毎年減っていく。ある筋肉量になると突然足が重く感じて足を使って動くことに制約を感じ始める。このような状態になったら、危ない。必死になって足腰を鍛える定期的な運動をやり続ける必要がある。苦痛と時間を伴うが、これをやらないと時間の問題で自分の足が使えなくなる。

私の世代、60歳代は、健康意識が強いので筋トレをやり始めている。定期的な運動をして使っていない体の部位の筋肉を刺激する。それだけで筋肉が失われて行くスピードを遅らせられる。遅らせるだけでなく、筋肉を増やせるようになる。

健康寿命を伸ばして普通の生活を維持したライフスタイルを楽しみたければ、もはや老人の筋トレは義務になる体を動かして筋肉を刺激する定期的な運動が生命エネルギーを増やす。

老人ホームに入るためにお金を貯めるよりも普通の生活が出来る体を維持するほうが楽だ。90歳まで普通の生活が維持できれば、5年ぐらい老人ホームの世話になる資金を貯めれば良いだけだ。多額なお金を貯める必要がない。老人ホームの生活は、他界する前の生活ステージだ。できれば、老人ホームでの生活を出来るだけ後にしたいと思うのは私だけではないだろう。

筋肉を鍛える運動習慣を身につけるとその運動が日課になる。日課になると負担がなくなり、楽しくなる。善循環がここから始まる。私の場合は、80歳になった時にベンチプレスで80キロのバーベルを簡単に挙げられる筋力をつけるという目標がある。63歳の時点で83キロのバーベルを7回x3セット以上出来る筋力を身に付けた。

この筋力を維持、さらに、増やす筋トレを80歳に向けて始めている。筋トレの運動習慣は身についているのでやることに苦痛はない。お蔭で病気にもかからないで人間ドックの検査でも問題がない。食欲も旺盛で体格も逆三角形を維持している。BMIは、22が標準だが23前後を維持している。

筋トレの効果は、免疫力の強化にも起きている。米国では、エイズ患者に筋トレを習慣づけている。筋トレをすると免疫力が強化されるからだ。老人は年令とともに免疫力が低下していく。この低下をストップさせ、強化させるだけで生命エネルギーを高めることが出来る。自分の体を自由に動かせるのは普通だが、80歳を過ぎても同じことが出来るかどうかだ。

横浜の街中をヨロヨロ歩いている老人たちを見れば、現実がわかる。体の動きを自分でコントロールできていない。見ていて弱々しい。こんな自分には成りたくない。誰もがそう思うはずだ。気がついた時にアクションを取らないと簡単に出来ることが出来なくなる年令になる。そんな年齢で筋トレを始めるのは今以上に苦痛と労力が求められる。 

私は、街中をヨロヨロ歩いている老人のように成りたくない。筋肉だけは、やればやっただけの成果を私に与えてくれる。

この記事「街中をよろよろ歩いている老人の姿は将来の自分だ!」のポイントは、

  • 63歳の私が求める理想像は、足腰がしっかりして姿勢がよく筋肉が体に出ている姿だ。80歳代になっても筋肉の鎧で体を維持している姿だ。
  • 足腰中心に筋肉を鍛えないと今街中で見ているヨロヨロ歩きの老人と同じ状態になる。これは確かだ。
  • 私は、街中をヨロヨロ歩いている老人のように成りたくない。筋肉だけは、やればやっただけの成果を私に与えてくれる。