60歳を過ぎたシニアの体形から読み取れること

スポーツセンターのジムで筋トレをしているとシニア、高齢者、老人の体形を見ることが出来る。60歳代の男性や女性、70歳代、80歳代の人たちの体形は Out-of-Shape(体型が崩れている)である。運動を定期的にやっている人とやっていない人では、雰囲気が違う。肥満体のシニアならば、顔と腹を見ればすぐに分かる。とても、健康的な体であるという印象を周りの人に与えない。

体が細くなっている人は、風が吹けば飛びそうな風貌をしている。手足に筋肉が少なく、骨と皮が目立つ。シニアの体は、気が付かないうちに少しづつ変貌して行っている。60歳代のシニアは、まだ、若い。若いから老化による体の変化に気が付きにくい。普通の生活では、特別な動作をしない限り老化による体の変化に気が付かない。

私が仕事で会う同年代のシニアからいつもこんなコメントを頂く。「あなたは、腹が出ていないねえ!」

シニアほど体形から健康管理の程度がわかる!

60歳代の仕事仲間で腹が出ていない人は非常に少ない。暴飲暴食をしているシニアは、一度や二度大病で入院を経験している。多くは、中肉中背なのだが、ビール腹のように腹が出ているのが目立つ。

シニアで肥満気味の体形をしている人は、顔がふっくらとしている。顔を見ただけで体全体が引き締まっていない印象を受ける。お酒好きのシニアは、肥満気味の人が多い。お酒はカロリーが高い。お酒と一緒に食べる食事も肥満を増長させる。

スポーツジムにやってくるシニア男性の殆どが、お腹の周りが目立っている。何らかの運動習慣を身に着けているシニアの体は、お腹はあまり出ていない。余分な脂肪が少ないからだ。

60歳代のシニアで体が細い人は、食生活をタンパク質中心に切り替えて定期的な筋トレをしないと70歳代になった時に姿勢が悪くなる。筋肉が弱くなると骨と筋肉で姿勢を保っているバランスが崩れるからだ。典型的な体形が「猫背」である。腹筋が弱くなれば、細くてもお腹が垂れて出っ張る。

シニアは体幹を鍛えなさいと言われる理由は、姿勢を悪くするのを防ぐからだ。姿勢が悪いシニアは、見ればすぐに分かる。悪い姿勢は、健康に悪影響を及ぼす。今は問題ないが、10年後には大きな問題をもたらす可能性がある。

健康管理は、毎年人間ドックの検診を受けていれば良いというわけではない。検診は、あなたの日常生活における健康管理の成果を見るためにある。夜、お風呂に入る前に裸姿で鏡の前に立って見る。自分の体を分析する。姿勢はどうか、腕や胸の筋肉はどうか、脂肪の付き方はどうか、体を見て何か異変が有れば、医者の診断を仰ぐ。

私は、朝起きた時とお風呂に入る時にタニタの体組成計に乗って自分の体について情報を得る。体重は、朝に比べて夜は1キロ増える。基礎代謝量も朝と夜とは違う。夜のほうが朝よりも高い数値になる。内脂肪、体脂肪、BMI数値、筋肉量、骨量、体内水分量などの数値の変化を見る。筋トレをした翌朝は、体重が1キロぐらい下がる。体の贅肉も薄くなる。多くは、寝ている時に水分と脂肪が代謝で消費されていくからだ。

自分の姿勢を気にして定期的な運動をやり始めるとその成果が体組成計の数値の変化になって出てくる。鏡に写った自分の体をじっくり眺めると何をすべきかが分かってくる。細いシニアは、タンパク質が多い食事中心に食生活を変えて筋トレを行う。肥満体のシニアは、暴飲暴食を控えて定期的な運動を始める。

肥満は、食生活の改善だけでも大きな成果が得られる。それに筋トレをすれば、肥満体の体形が標準体形に戻る。時間はかかるが、やれば出来る。

自分の体のお世話がちゃんと意識してやっていないと健康寿命は長くならない。成人病を気にするならば、食生活と運動習慣に気を使うことだ。まずは、自分の体形を満足がいく体形にする。

この記事「60歳を過ぎたシニアの体形から読み取れること」のポイントは、

  • 60歳代のシニアは、若者よりも大きな病気になりやすい。成人病が人間ドックで注意されるのは体が弱くなっていくからだ。長年の食習慣と運動習慣で体形に違いが出る。70歳代になると顕著になる。
  • 夜お風呂に入る前に鏡に写った自分の姿を観察する。この体をもっと良くしたいという欲望があるシニアは、筋トレと食習慣を意識した生活を検討すべきだ。老化はシニアの体に忍び寄っている。老化が酷くなる70歳代の前に自分の健康管理を見直すべきだ。