新しい友達・知人の作り方(NPO団体で)

私は、現在、経営支援NPOクラブというNPO団体の会員になっている。このNPO団体に所属して4年が経過した。NPOでの活動は、自営業の傍らにする活動であるため深入りはしていない。体3分の1ぐらいをNPOの活動に突っ込んでいる感じだ。先日、札幌までNPOから依頼されて出張してきた。他のメンバーと一緒に北海道の中小企業支援のための相談会を開いたのだ。

プロジェクトリーダーがこの仕事を全てを取り仕切り、北海道中央会の要望に答えるよう進めて行く。そのメンバーとして札幌まで出張をした。私の役割は、IT分野での支援である。本業の分野であるので、余分な負担はあまりかからない。経験と知識から支援するだけだ。

この仕事をやりながらNPOで活動している他のメンバーの様子を観察していた。皆さん、73歳以上の方々で私よりも10歳以上年上のシニアたちである。

NPOでは積極的に仕事をしているシニアほど新しい友達や知人を作る!

プロジェクトリーダーの下でNPOが受けた依頼を実施する会員を構成する。目的にあった経歴やスキルを持った会員を探し、プロジェクトリーダーが該当会員にコンタクトを取りメンバーに取り込んで行く。その要請を承諾したメンバーがプロジェクト・メンバーとして活動する。私の場合は、事前に相談会での支援のみという条件でプロジェクトに参加した。

このプロジェクトは最終的に相談会に来た北海道の中小企業を支援する活動まで含まれている。そのため、多くの時間が相談会のあとに取られる。片手間にデキる仕事ではないことが分かっていたので相談会のみという条件で承諾した。

プロジェクトリーダーは、活動内容に適したメンバーを再構成して依頼された支援活動を行う。NPO団体で口コミで適任者を割り出してコンタクトを取り、プロジェクトメンバーにして行く。支援する会社によって適任者が代わって行く。

NPOでのプロジェクト活動を観察してプロジェクトに関わったシニアたちの交流を感じた。一つのプロジェクトに関わると数ヶ月単位で仕事をすることになる。知らない会員でも自然と気心が知れる仲間になっていく。一社につき担当がメインとサブ2名が付く。一緒に同じ仕事を行っていれば、毎回打ち合わせで顔を合わして時間を一緒に過ごすことになる。

会社のように上下関係はないので自分の持ち味を自分の責任で出せる。大企業でそれなりの経歴を持ったOB会社員であるので昔の経験が生きる。

新しい友達・知人は、同じ目的で汗水垂らして仕事をすることで生まれる。 NPO団体では、多くのプロジェクトが進んでいる。新しい友人・知人を作りたいシニアならば、一度、そんなプロジェクトメンバーになれば簡単に新しい友人や知人をNPO団体で作れる。プロジェクトに入らないで月1回開催される定例会に顔を出すだけでは、残念ながら新しい友人や知人は作られない。

色々なプロジェクトに参加した経験が多いシニアメンバーほど新しい友人や知人をたくさん作っている。そんな構造を私は、今回のプロジェクトに参加して理解できた。 

この記事「新しい友達・知人の作り方(NPO団体で)」のポイントは、

  • NPOでのプロジェクト活動を観察してプロジェクトに関わったシニアたちの交流を感じた。一つのプロジェクトに関わると数ヶ月単位で仕事をすることになる。
  • 新しい友人・知人を作りたいシニアならば、一度、そんなプロジェクトメンバーになれば簡単に新しい友人や知人をNPO団体で作れる。