新しくWi-Fiルーターを買うよりも無線LAN中継器コンセント直付けモデル11n/g/bを追加した方が良い

SL15002 中継WiFi
ELECOM 無線LAN 中継器 コンセント直付けモデル 11n/g/b 300Mbps WTC-300HWH

3LDKのマンションのリビングルームに親機のWi-Fiルーターを置いている。Wi-Fi 接続は、ほとんどがリビングルームで行っているので今まで問題が無かった。子供が独立して一部屋が開いたのだが、Wi-Fi 接続の感度が弱い。Wi-Fiルーターを買い換えてもっと電波が届くWi-Fiルーターにするのが通常手段だが・・・再設定の煩わしさがある。 

電波の届く距離を長くする無線LAN中継器を追加すれば解決する!

無線LAN中継器は、3社(バッファロー製、アイオーデータ製、エレコム製)から製品が出ている。価格や機能で価格が3000円から8000円ぐらいの幅がある。

私のニーズは、現在のWi-Fiルーターの電波を拡張すれば良いので一番コストパフォーマンスが良いエレコム製無線LAN中継器にした。アマゾンで3700円ぐらいで買える

SL15001

relay 3 

無線LAN中継器WTC-300HWHは、コンセントに直接差し込むだけである。後は、親機と中継器をつなげるWPSボタンを押すだけで設定が出来上がる。シニアでも簡単にできる。

今使っているWi-Fiルーターの設定を変える事無く電波の範囲を簡単に広げられる中継器は、便利である。これで電波が弱かった部屋を書斎兼仕事部屋にして使える。

どの部屋でも300MBPSの電波が届けば受信スピードとして問題ない。実測は、WANから入ってくるインターネットスピードの容量にもよるので一概に言えないが、通常のインターネット作業では全然問題にならないと思う。

ただし、

多人数でインターネット経由の動画を見る場合は、無線LANよりも有線GigaLANで見た方が良いだろう。YouTubeぐらいの動画であれば、何も問題が無いが。