ああ、そうなんだ!アドセンス広告売り上げは消費税対象外なんだって!

Google Adsense広告売り上げは、消費税課税がされない。

今までこんな事を知らなかった。平成27年からグーグルアドセンス広告売り上げに対して消費税が課税されなくなったそうだ。グーグルアドセンス売り上げが1000万円あれば、80万円の消費税の支払いが発生する思い込んでいたが税制改正後、消費税の支払いが無くなった。

はてな(株)のはてなブログのグーグルアドセンス広告の売り上げは凄いから相当のメリットがあるはずだ。仮に1億円アドセンスで稼いでいたら、800万円の消費税支払いが免除されているはず。

個人でグーグルアドセンス広告売り上げが1000万円以上ある人は限定されるが、会社として複数サイトを運営していれば、ボーナスのようなものだ。

グーグルアドセンス広告売り上げで稼げる人は少ない!

インターネットでブログを書きながらグーグルアドセンスで小遣いを稼いでいる知人がいる。私もこのサイトでグーグルアドセンス広告を表示しているが、広告売り上げだけで消費税を支払う売上金額になっていない。私も知人もグーグルアドセンス広告収益は、シニアのお小遣い程度だろう。

でも、

シニアにとっては、年金以外に収入源を持つ事自体が重要だ。やり方によっては、お小遣いが年金以上の収益に化ける。ブログは継続できてなんぼだ!多くの人は、グーグルアドセンス広告で直ぐに稼げると思い違いする。素人は、半年以内で脱落する。

知人の1日の広告売り上げは、350円だそうだ。これが30日続けば、1万円ぐらいの小遣いになる。毎月1万円の小遣いがグーグルから頂けるならば、良い小遣い稼ぎになる。1か月の広告収益を月額10万円以上にするには、最低3年間は1日1ページブログを書き続ける必要があるという。これが出来る人は限定されるが、日記を書き続けている人は可能性がある。

グーグルの広告は、クリック課金広告と言われる。ブログページに表示された広告をクリックしてくれないと広告売り上げが成立しない。読者が広告をクリックする数は、ブログのテーマによって読者層が違うので変動する。一般的にページビュー数が多いとクリックする数も増えると言われる。

ですので、

集客サイトと言われるはてなブログは、凄いアクセスがあるためクリック数も大きい数になっているはずだ。個人のブログサイトでもアクセス数が月間30万ページビューあれば、自分の生活費ぐらいは稼げているのではないか。インターネットで稼ぐ方法は、色々あるがブログを書き続けて広告収益を得るのは典型的なインターネットビジネスだ。

シニアが出来れば良いが、インタネットビジネスを経験していないと仕組みが理解できない。シニアにとっては、知識的にハードルが高いだろう。

ただ、

私のようにインターネット創世記からインターネットビジネスを経験している人間には難しくない。ブログに書くべきコンテンツさえ発信し続ければ良いだけだ。

年に1回の決算時に所得税と消費税を支払うのだが、消費税を支払うお金を用意しておかないと困る場合がある。消費税は売り上げの8%だ。1000万円以上の売り上げがあれば、80万円の消費税を支払うことになる。グーグルアドセンス広告売り上げに消費税が発生しないとなるとグーグルアドセンス広告売り上げだけで経営が成り立っている会社は、所得税と法人税を気にするだけで良い。

何とか、グーグルアドセンス広告売り上げを1000万円以上に出来れば、受けるメリットは大きい。月100万円のグーグルアドセンス広告売り上げがあれば、1200万円の売り上げになる。