消費者から見た銀行の利用価値は良いイメージが無い!    

「雨が降っている時に傘を貸さない。晴れの日に傘を貸す。」昔から銀行のイメージはこんなイメージだ。消費者にとって味方だというイメージはない。その銀行の存続が危惧され始めている。金利で稼ぐ時代でなくなり、技術革新の大波でフィンテックベンチャーが生まれて来た。効率の悪い運営をしてきた旧制代の銀行組織が変わろうとしている。銀行員のリストラが大手銀行から始まった。

私にとって今の銀行は、取り合えず、セキュリティーの意味合いでお金を置いておく場所でしかない。銀行にお金を貸してもメリットが無い。証券会社で投資信託にお金を回した方が利回りが断然良い。銀行は、今まで消費者と中小企業経営者を馬鹿にしてきた。その付けが今やってきている。賢い銀行員の若者たちは、転職会社に登録し始めた。その勢いが凄いと新聞に報道されている。

直ぐに転職できるスキルと処世術を持っている若手社員は優秀だ。40歳代、50歳代の銀行員は、自分に専門性が無いと売り込みが出来ないらしい。まあ、どの会社の社員も年齢が40歳、50歳代であると転職は難しい。

銀行員の高級取りは我慢の代償か?消費者の嘆きがお金に化けている!

息子の友人が金融業界で働いている。息子からの話から想像すると相当ひどい事をやらされているようだ。銀行は消費者を利用して手数料を稼いでいる営業が多い。本来ならば消費者を儲けさせる助言や照会をするのだが、消費者を自分たちの手数料稼ぎのために無理やり損をさせているという。その方針に我慢できなくなり、転職をしたようだ。

気持ち良い環境で気持ち良いビジネス活動を夢見てきた若者たちが銀行の犠牲になっている。銀行の商いは影のやくざと言われている。サラ金業界が銀行業界に取り込まれ、カードローンで無理やり借りられない人までお金を貸している。シニア層に対しては、老後の不労所得の目的でアパートローンを貸し付けている。

人口減少の時代にアパートを建築するための資金としてアパートローンを勧める。大家さん家業は、人口増加の時代は良いが人口減少の時代はマイナスだ。誰もが大家さんビジネスで儲かる時代ではない。それをシニアに言葉巧みに売り込む。銀行の営業マンは表の世界の詐欺師になって無理やりお金を貸し付けて手数料を取る。

銀行の支店に行くときは、50万円以上のお金の引き出しか、送金ぐらいだ。そのほかの用途はすべてATMで済んでしまう。若い頃は、住宅資金を借りるために利用したが、時代の変化で大金を借りるリスクが高くなった。一般の消費者は、何度も銀行の支店に顔を出す事は無くなった。これから支店が統合され、数が急激に減少し行く。それに伴って支店で働いている銀行マンもリストラされる

私が顔を出すある銀行の支店は、いつ行ってもお客の数が数人だ。ほとんどのお客はATMで事を澄ましている。窓口を使うのは、中小企業の経営者ぐらいだ。銀行の支店の活動は、消費者よりも法人活動が中心だ。消費者はお金集めの道具だ。集めたお金で法人に貸し付けて手数料を取る。それが上手く回らなくなってきた今だから効率を優先した新しい組織改革を始める。

人件費が一番負担が大きいからリストラが先来る。リストラをするには、支店を統合するか、無くす方法を取る。弱体化した銀行は、合併させて不必要な銀行員を強制的にリストラする。そんな流れが、転職業界を騒ぎ立てている。フィンテックの流れは、効率の悪い銀行を潰す印鑑が無いとお金が引き出せない窓口業務は時代遅れだ。

遅かれ早かれキャッシュレスの時代がやってくる。全てが電子決済で行われる時代だ。電子決済が中心になると銀行の支店で行う現在の業務は無くなる。支店の物理的な存在自体も必要でなくなる。これから求められる人材は、フィンテックを発展させるエンジニアたちと企画マンたちだ。新しい人材が今の銀行マンの中にいない。IT技術を理解できない銀行マンは銀行内で生きられなくなる。

今まで保守的な銀行が大規模なリストラをすることはなかった。リストラは、銀行と銀行の合併の時に行われていた。今回は、新しい金融技術革新による効率化の波にやられた。日本の銀行は、事なかれ主義で新しい挑戦を社内でやらせていないというか、消極的だ。銀行マンが出世するには、能力よりもどれだけYes Manに成り切れるかだ。 

フィンテックの影響が日本の金融業界の風土をどれだけ近代的になるかを私はじっと観察している。

この記事「消費者から見た銀行の利用価値は良いイメージが無い!」のポイントは、

  • 「雨が降っている時に傘を貸さない。晴れの日に傘を貸す。」昔から銀行のイメージはこんなイメージだ。
  • 私にとって今の銀行は、取り合えず、セキュリティーの意味合いでお金を置いておく場所
  • 賢い銀行員の若者たちは、転職会社に登録し始めた。その勢いが凄いと新聞に報道されている