指圧マッサージ、整体は疲れたシニアの体を回復させる

数ヶ月に一度、指圧サロンのご厄介になっている。毎日パソコンの前で仕事をしていると色々と弊害が体に出てくる。目が疲れて肩が凝る。腰も疲れる。体全体で疲れが堆積してくるような状態になる。血の流れが悪くなり知らないうちに目、肩、腰、背中の筋肉が固くなる。 

週に1度か、2度スポーツセンターでウエイトトレーニングと体幹運動をしているが、累積した凝りは簡単には取れない。 

凝りをほぐすには専門家の手を借りる

ジャンバー姿のシニア男性が目立つ昼間の横浜地下商店街

横浜の街中を歩くことが多い私の目には、ジャンパー姿のシニア男性たちがいたる場所で映る。 長い間着続けたスーツという制服から解放された姿なのだろう。色も地味だ。昔から西洋では、歳を取れば取るほど目立つ原色の洋服を着る傾向がある。

多分、目立つ色の中に若さに通じる要素があるのだろう。明るい色の洋服は、若さを感じる。後は、それをどのように着こなすかだけだ。 

同じ洋服でもその人の着こなしで印象は大分変わる!

iPhoneを安く使いたい奥さんがやった事

我が家の奥様がiPhoneを使いたいと言っている。彼女の友達全員がiPhoneを使っていて彼女だけがガラケーだという。友達からLINEトークをしたいから早くiPhoneに変えなさいよ!とプレッシャーがかかっている。自宅では、iPadを使っているのでiPhoneの操作はさほど違和感は無いだろうと思う。

そこでiPhoneを購入することになった。一番安く年間コストを抑える方法を調べた。その結果を奥様に説明して納得の上で端末と通信サービスを決めた。 

AU, Docomo, SoftbankのキャリアでiPhoneを購入して使うと割高になる!!

007 Spectreの映画を見て時代の違いを感じる

007

本日、2015年11月27日に12月4日にロードショウされる「007 Spectre」を見てきた。最近の007の映画は見てきていなかった。時々、テレビで007の映画を見るくらいだ。この映画は、最後の最後まで気が抜けない映画になっている。昔のように美女が何人も登場してくるという感じでもない。 

ストーリーの焦点は、派手さではなくWho is James Bond?という所にある。映画の終わり頃に意外な展開がある。それが何であるかは見てからのお楽しみだ。 

昔の007の映画を期待すると期待外れになるかもしれない!

Regza東芝の4K43インチ液晶テレビG20Xを購入する

 wow

今使っているソニートリニトロンテレビHi-Vision29型が駄目になり始めている。もう、14年あまり使っている。既に耐久年数を過ぎているので十分活用したと思っている。新しいテレビは、Regza 4K43インチ全面直下LEDテレビG20Xにした。19インチのサブテレビがRegzaでUSB経由でHDDをつなげて録画している。それが家族に受けている。

それで今回は、ソニー製から東芝製に変えた。 

4Kにするべきか、2Kフルハイビジョンのテレビにするべきか迷った!

賀詞交換会で何を求めるのか?

毎年1月に行われる賀詞交換会に参加している。帝国ホテルで開催される賀詞交換会から居酒屋で行われる賀詞交換会まで。全然会ったことが無い人たちから旧知の人たちまで。新しい年の初めに酒と美味しい食べ物とお土産で終わる賀詞交換会になる。 

新しい年のビジネスは賀詞交換会から始まる!

金曜日の午後、プロントのカフェで想いにふける63歳のシニア!

プロントのカフェでは、中高年のご婦人方が大声を出しておしゃべりをしている。その声が大き過ぎるので席を移って遠くの椅子に座り直した。4人グループの60歳代の女性たちが何やらクルーズ客船で旅行に行くらしい。その打ち合わせでワイワイガヤガヤだ。横浜駅西口地下にあるFood & Time Isetan Yokohama店の中にあるプロント店だ。

プロントは午後5時からHappy Hoursのアルコール販売が始まる。グラスビールが290円で飲める。後、20分ぐらいでHappy Hoursになる。3連休の始まりのためか、リラックスしたお客たちが多く来ている。その一人が私だ。

今日の午後は、NPO団体の定例会が東京であった。定例会に参加して世の中の流れを耳学してきた。一人でビジネスをしていると入ってくる情報が偏る。自分の専門分野以外の場に自分を置くことで気が付かなかった世の中の動きが分かるようになる。

物思いにふける時間が楽しい!

シニアは東京五輪オリンピック大会ボランティアでどう参加、働くべきか?

東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会が下記のスケジュールで開催される。

◆ 開催日程
オリンピック競技大会:2020 年7月 24 日(金)~8月9日(日)
パラリンピック競技大会:2020 年8月 25 日(火)~9月6日(日) 

この東京オリンピックをサポートするボランティア募集が9月中旬から始まる。ボランティア応募ページは、特別応募ページが別途開設される。現時点(2018年9月5日現在)では、まだ、応募が出来ない。

東京五輪オリンピック大会ボランティアについては、色々な批判が出ている。「ブラックボランティア」、「やりがい搾取」とかだ。こんな批判が出るのは、ボランティアは無償ではないという事が知られているからである。

応募条件と待遇を見て見るとこんな批判が生まれても不思議ではないと思える。

時間が自由に使えるシニアは、どう参加して働くべきか?

老後の生活で迷ったら一つ自分自身のプロジェクトを作る

老後の生活は、自分で描いた生活ができやすい。誰にも束縛を受けることなく、好きな事をやれる時間が持てる。生活する上で支障が無い年金収入と貯蓄さえあればの話だが。世の中には、裕福なシニアが目に見えない所で生活している。テレビのニュースで話題になるオレオレ詐欺事件で1億3000万円も騙し取られた老人がいるほどだ。

賢い老人ほど、お金があることを芸能人のように宣伝しない。一般大衆人のように振る舞う。詐欺事件でお金持ちであったという事が分かる場合が多い。そんな裕福な老人ほど精神的に満たされていない生活をしている。

 老人の特権は、自由に使える自分の時間だ

働かなくても生きて行ける老人は、つまらない時間を過ごしている場合が多い。若い人が働くのは、お金を稼いで使う欲求があるからだ。老いて来ると若者たちが求める欲求の殆どが経験済みになる。敢えて若者たちと同じものを求める事はしない。

暇な老人は自分でプロジェクトを作ることだ!

シニアは自分の活動場所を決め人生を楽しむ

私の知人は自分の時間を上手く使っている。趣味とボランティア活動を組み合わせて暇に苦しまないで時間を楽しむ仕組みを作り出した。彼の趣味は、山登りとサイクリングだ。それに、お酒。NPO団体に所属して新規にビジネスをグループで起こしている。既に年金生活を送っているが、経済的に困っている感じはない。

彼の活動場所は、自宅であるが定期的に山登りやサイクリング、そして、NPO団体での仕事をこなしている。奥さんは働いて自宅にいないので自宅を活動の場所にしてもガミガミ言われないようだ。

自分の趣味が3つぐらいあれば、趣味だけを追求して余生を楽しめる。それに、社会貢献という大義名分でボランティア活動をすれば、気持ち的に清々しくなる。自分で老後の生活パターンを組み立てられるシニアは、クリエイティブな人が多い。彼は、楽しい事を求めて新しい事をやっている。

自分の居場所を決めてそこから活動を起こす!