指圧マッサージ、整体は疲れたシニアの体を回復させる

数ヶ月に一度、指圧サロンのご厄介になっている。毎日パソコンの前で仕事をしていると色々と弊害が体に出てくる。目が疲れて肩が凝る。腰も疲れる。体全体で疲れが堆積してくるような状態になる。血の流れが悪くなり知らないうちに目、肩、腰、背中の筋肉が固くなる。 

週に1度か、2度スポーツセンターでウエイトトレーニングと体幹運動をしているが、累積した凝りは簡単には取れない。 

凝りをほぐすには専門家の手を借りる

午前午後の満天の湯大衆浴場はシニアの老人のたまり場だ

相鉄線上星川駅近くに天然の湯「満天の湯 」毎日行きたくなるおふろ屋さんがある。時々、万歩計のデータ登録で立ち寄る。立ち寄るたびに感じることがある。それは、シニアの老人たちのたまり場になって憩いの場が出来上がっていることだ。運営会社もシニアの人たちに毎日立ち寄って温泉を楽しみながら憩いの場として使ってもらいたいという営業戦略がある。

大衆浴場や温泉はシニアの老人たちを惹きつける魅力がある!

横浜中華街でカレーライスが美味しい牡丹園

curry

 なぜ、横浜中華街でカレーライスを食べるの?と聞かれるかもしれないが、それにはそれなりの理由がある。今、横浜中華街でカレーライスが注目されている。メインのメニューではないが、隠れた隠し味があるカレーだからだ。検索でトップにヒットした牡丹園に行ってカレーライスを食べてきた。その時のカレーライスの写真だ。

牡丹園のカレーライスセット(700円でワンタンスープ、お新香、杏仁豆腐付き)

シニアの性は視覚と感触に向かうのではないか?

子供が大人になり、自分がシニアになると本能的な刺激が変わってくる。男女が求めあうなどはその代表ではないだろうか。肉体的な興奮は、老いにより衰えてくる。性的な行為よりも女性の肉体美、感触、その場の雰囲気、触れ合いから来る温かみなどに感覚が移っていくのでは。

若い頃は、本能まっしぐらだ。人間の性的本能で子孫を増やす行為に没頭する。高齢者になるとその役割を終えて子孫を増やす行為よりも何か別のものを異性に求める。 

高齢者の欲求は抱き合っているだけで満たされるかも!

シニアの楽しみは一泊二日の温泉旅行

周りの風景が段々と秋の風景になり始めている。道には落ち葉が増えている。馬肥える秋。気温も30度台から25度台に下がってきた。秋の旅行シーズン到来だ。足腰が達者な高齢者たちは、もう、既に秋の旅行予約が終わっているだろう。私も考えているが予約はまだである。

秋と春の季節は、家内の両親(90歳と85歳)を自動車で一泊二日の旅行に連れて行っている。杖をついて歩ける足があるので自動車で行きたい場所に連れて行くのが一番である。

両親の年齢が年齢であるのであまり動き回らないで車窓から眺めて楽しむ旅行になる。あとは、美味しい料理と温泉で自由な時間をゆったりと過ごして頂く

温泉を楽しむならば、部屋の風呂が温泉であると良いなあ!・・・でも、予算が合わない!!

10月の体育の日:公共機関のスポーツセンターが無料だ!

保土ケ谷区スポーツセンターのジムを利用するには、1回300円費用がかかる。10月2日は「横浜元気!!スポーツ・レクリエーションフェスティバル」が開催され無料になる。公共機関のスポーツセンターでは、体育の日に色々な運動教室が開催される。体育の日に今まで経験した事が無い健康教室(ヨガ、筋肉トレーニング、太極拳、ピラティスなど)に参加してみると良い。

自分に合った運動教室が見つかる。子供からシニアまで多くの住民がやって来る。

介護予防の健康教室や運動教室!

Star Trek BeyondのSF映画ファンのシニア!

2016年10月21日に日本で公開される「Star Trek Beyond」のプレビューである。私は、40年以上前からずっとStar Trekのテレビ番組や映画を見てきた。米国の大学に留学中も、米国に出張中のホテルでも、米国に駐在していた時も欠かさずStar Trekを見続けていた。

Star Trekは私に夢を与えてくる。

Star Trekに登場する夢みたいな機器や道具が今を作っている!

あなたの遊びは何?と聞かれたらシニアはどう答えるだろうか?

遊びと聞かれても何が遊びであるか分からない時がある。会社勤めをしていて、または、学校に行っていれば遊びの時間との区別が明確なのだが、自分でビジネスを展開していると仕事が遊びになる場合が多い。インターネットで仕事をしていると時間と場所で制約がない。全て、自分の意志で決められる。

私にとって遊びは一体何なんだろうか?

楽しい事をやってお金が稼げるならば、それも遊び!

NHKドキュメント72時間で紹介された横須賀ヴェルニー公園とよこすか海軍カレー

今日は天気が良く温度が15度近くになるというので横浜から横須賀まで家内と一緒にランチドライブをしてきた。イオン横須賀店に自動車を駐車して、お隣にあるヴェルニー公園に向かった。ヴェルニー公園を歩いて見ると海に向かって複数のベンチがある。ベンチに座っている人たちの表情は、明るくない。一人寂しく何かを考えているような表情が顔に出ている。

NHKの番組「ドキュメント72時間」で紹介されたヴェルニー公園は、明治時代に横須賀製鉄所の建設に貢献したフランス人技師ヴェルニーを記念して作られた公園である。公園のベンチから停泊中の軍艦や潜水艦が見られる。今日は、潜水艦が停泊していた。

submarine

どぶ板通りにある横須賀海軍カレー館

カフェが老人たちの居場所ではないか?

カフェで仕事を朝から夕方までしているとカフェに出入りする人たちの動きを垣間見ることができる。午前9時前までは、出勤前に一服する会社員が多い。9時から11時までは、リモートワーカーや私のようなノマド、学生、引退した高齢者が多い。

11時から13時までは、会社員が戻ってくる。OLはカフェでコーヒーを飲みながらランチをしている。良くあれだけの食事でお腹が持つなあと私は見ているのだが、そんな若い女性が多い。カフェに立ち寄ってコーヒーだけをテイクアウトする会社員もいる。

この時間帯になると高齢者たちは、ランチに出かけるためにカフェをあとにする。そして、また、戻ってくる。

老人の居場所としてカフェが役に立っているのでは!