自分の老後:普通の生活を出来るだけ長く送るためにする事

60歳から70歳までの生活は、想像ができる。普通の生活を送れる可能性が高い。問題は、70歳から80歳までの生活がどうなるか予想がつかない。70歳から健康面や身体面で個人差が出始める。最初のサインは、足の筋力だ。知らないうちに歩くのが遅くなる。階段の上り下りを避け始める。体の疲れを頻繁に感じ始める。多くの高齢者は、75歳を過ぎた頃からこのような状態になる。

普通の生活がいつの間にか出来なくなっている自分に気が付く。こうなる前に予防策を自分なりに講じなければ普通の生活が出来る年齢を遅く出来ない。普通の生活が維持できる老人は幸せな老人である

60歳代のシニアは、普通の生活があたかも永遠に続くかのようなイメージを持っている。自覚症状を感じていないから仕方ないが。怖いのは、自覚症状を感じ始めたら、もう遅い事だ。普通の生活が出来ているうちに予防策を実施することだ。

老後の生活は普通の生活を如何にして維持させるかで変わる!

人生に迷ったら老後生活の優先順位を考える

老後の生活で何を優先して過ごすかを考えて決めるだけで頭の中の迷いをはっきりさせる。自分が使える自由な時間が沢山あると今日は何をしようかで1日が始まる。やりたい事があるうちは、良いのだが次第にやることが無くなって行く。定職についていれば、仕事に行けば良い。もう、人の下で働きたくないと思っている高齢者ならば、今から「老後の生活の優先順位」を考えて自分の生活のリズムを作ることだ。

自分の仕事を持っている私でも時々毎日がつまらなくなる。そんな時は、これからの人生で何を重点的にやれば良いかを考えるようにしている。

会社を卒業したシニアは、外部からの刺激的な情報が入ってこない。自分で面白い情報や体験を求めないと社会から取り残されてしまう運命にある。

老後の生活を有意義にするための優先順位

AIスピーカーは老人の見守り役と話し相手

Google Homeと言うAIスピーカーを注文した。10月の中旬頃、自宅まで送付してくれるはずだ。私がなぜGoogle Home AIスピーカーを注文したのか?

Google Home AIスピーカーは老人の見守り役と話し相手になる可能性があるからだ。今回販売されるGoogle Home AIスピーカーには、老人の見守り役としての機能(ハンズフリーの通話機能)はないが、話し相手としての機能はある。音声認識での会話ができる。義父が一人で生活をしているが、インターネットで情報を入手できないでいる。91歳であるのでパソコンやスマホは使えない。

Google Home AIスピーカーは、音声で操作する。義父が何か調べたい時にGoogle Home AIスピーカーに聞いて調べることが出来る。この文明の利器をまず自分が体験してから義父の自宅に導入しようと考えたからだ。

googlehome

インターネットを利用して情報を入手できないシニアや老人(情報弱者)に役に立つGoogle Home AIスピーカー

Google Pixel Cが欲しい!6万円前後の価格だろう

pixel c feature R

Googleが自作した初めてのタブレット端末 PIXEL C 10.2 inchサイズが2015年12月8日に販売された。販売対象国は、米、英、仏、独、オランダ、ベルギー、オーストリア、スペイン、スイス、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、香港の14カ国である。

残念ながら、日本はまだ販売対象になっていない。日本のGoogle Storeサイトには、既に、PIXEL C紹介ページが出来上がっているので時間の問題で販売が日本でも開始されるだろう。32Gと64Gの価格が、$499と$599である。日本で販売されるならば、価格は32Gで約6万円近くになる。

Nexus 7, 9の後継機としてPIXEL Cは魅力的だ!

無料Wi-Fi 接続ならばAEON施設(イオンモール、ビブレ、サティ)で!

Aeon free wifi

横浜駅近くにあるVIVRE(ビブレ)2階にあるスターバックスにいる。横浜にあるスターバックスにしては広々として新しいお店だ。いつも、仕事でスターバックスを利用しているのでWimax2+や無料WiFiなどが使えるか確認にきた。来て驚いたのは、スターバックスの無料Wi-FiよりもAEON無料Wi-Fiが快適に使えるという事実だ!

頻繁にスターバックス無料WiFiを使うとルーター側で使用制限をしてくる。それが、何故そうなるのかの説明なしだ。

Starbucksカフェの無料WiFiサービスは接続に制限が有りますとなり使えなくなるが、AEONは違う!

Thinkpad x201 Windows 7をWindows 10に問題なくアップグレード完了

5年前に購入したThinkPad X201 Windows 7を本日Windows 10にアップグレードした。

LenovoのWindows 10アップグレード対象プロダクトではなかったのでいつまで待ってもWindows 10が自動的に降りてこなかった。仕方なく、手動でWindows 10のダウンロードツールを取得してアップグレードした。用意したのは、8GのUSBメモリーだ。これにWindows10ダウンロードツールをインストールする。

問題なくスムーズに行くのだろうかという不安があった。

試行錯誤があった!

帯状疱疹ヘルペスは50歳以上のシニアが対象の帯状疱疹ワクチンで65%発症を抑制できる

60歳になった頃、帯状疱疹ヘルペスが発症した。これが分かるまで数週間かかった。頭の毛元がピリピリして触れるだけで痛かった。この原因探しで脳ドックまで受けた。おかげで私の脳は認知症などの兆候がない健康な脳であることが分かった。脳ドック後の診断で額に発疹が出ていた事で帯状疱疹ヘルペスである事が分かった。

子供の頃、水疱瘡にかかった人は帯状疱疹ワクチンを受けると良い!(50歳以上が対象)

ビジネスをやっていないと世の中の動きが分からなくなる

60歳から70歳の間は、何かして働いていれば世の中の動きに気を遣う。これが、70歳を越えて仕事をやらなくなったら世の中の流れから置いてきぼりになる。現役を退くと現場の様子が手に取るように分からなくなる。ビジネス感覚も鈍くなる。シニアの引退は、体と精神面でマイナスだ。

多くのシニアは、仕事場から離れざるを得なくなる。働きたくても継続して働かせてくれない。知人の会社は、定年退職の年齢を65歳から70歳に変えたという。多くの企業は、まだ、65歳まで継続して正社員として働けない。契約社員として年間更新される雇用形態が多い。

定年制度を無くせば、シニアも継続して働く機会が生まれるかもしれない! 

シニアが働ける場所はそのシニアのスキルと専門性に依存するのでは・・・

目標を持つと顔の表情も目の輝きも変わるシニアたち

最近、知人が新しいシニアビジネスを仲間と始めるという。この話をしてくれたときに知人の顔と目は、いつもの彼では無かった。真剣なまなざしと目標を見つけたという顔であった。今までに無い表情に私は驚いた。 

人は変わる! 

目と顔は言葉を使わずにコミュニケーションする!

喉の風邪にすぐに効くエキナセアハーブ

Echinacea

私が風邪を引く時は必ず喉から来る。そんな時は、いつも必ず市販の風邪薬ではなくハーブを飲む。エキナセアハーブのカプセルを一錠飲むだけですぐに治ってしまう。

エキナセアは、米国のネイティブインディアンの薬草である。人間の免疫力を強める効果がある。米国人は常備薬としてエキナセアハーブを常用している。

風邪を引きやすい人にお勧め!